明けましておめでとうございます
セントマーチン

世界が憧れるカリブ諸国を8つのベスト3で紹介します【ガイドブック未掲載】

クリスマスから年末年始にかけて、21日間のカリブ海クルーズで世界が憧れるカリブ海を満喫してきました。今回のクルーズ旅行で訪れることができたのは、13の島々です。

セントマーチン、マルティニーク、バルバドス、セントビンセント及びグレナディーン諸島、ドミニカ、バージン諸島、バハマ、タークス・カイコス諸島、ドミニカ共和国、ボナーレ島、キュラソー、アルバ

 

想像よりもずっとクルーズ旅行は安かったし、カリブ海は美しかったです。リゾート以外の魅力を持つ島もあったので、本記事ではベスト3形式でカリブ諸国を紹介します。

 

海が綺麗ベスト3はバハマ・タークス・ボネール

バハマ

タークス

ボネール

  • バハマ(ハーフムーンケイ)
  • タークスカイコス
  • ボネール

カリブ海で海が綺麗なベスト3は上記の島々でした。

1位に掲載したバハマのハーフムーンケイは、僕が乗船した「ホーランド・アメリカ」のプライベートリゾートになっているため、他の旅行者たちに気を遣いすぎることもなく(同じ船の人たちなので)楽園でした。

人生でやりたいことの1つだったビーチでの乗馬も体験できて、アメリカ本土からすぐ近くにこんなに綺麗な場所があるなんてアメリカ人がうらやましいです。タークスやボネールと比べると、バハマだけ海の色が違うんですよね。

 

観光が楽しいベスト3はドミニカ共和国・キュラソー・セントマーチン

ドミニカ共和国

キュラソー

セントマーチン

  • ドミニカ共和国
  • キュラソー
  • セントマーチン

カリブ海で観光が楽しいベスト3は上記の島々でした。特にユニークだったのは、1ヶ所目の目的地だったセントマーチン(3枚目)です。西側にあるマホビーチ(maho beach)のすぐそばに国際空港があるため、ビーチの上空ギリギリを飛んで空港に着陸する飛行機が名物です。

僕も着陸間近の飛行機を見に行きましたが、着陸があれば離陸もある訳で。離陸の際は、飛行機のジェット噴射でビーチにいる人たちが吹き飛ばされることもポイントです。

 

また行きたいカリブ諸国ベスト3はバハマ・ドミニカ共和国・キュラソー

バハマ(ハーフムーンケイ)

ドミニカ共和国

キュラソー

  • バハマ(ハーフムーンケイ)
  • ドミニカ共和国
  • キュラソー

また行きたいカリブ諸国ベスト3は上記です。

 

実はドミニカという場所は、カリブ海に2つあります。ドミニカ共和国とドミニカ国です。

ドミニカ共和国:英語ではDominican Republic。カリブ海のイスパニョーラ島の東部に位置し、西部はハイチです。「野球大国」として知られ、日本でドミニカと言えば、ドミニカ共和国を指すケースが多いです。

ドミニカ国:英語ではCommonwealth of Dominicaと表記。カリブ海のウィンドワード諸島最北端のドミニカ島を領域とします。

 

クルーズ旅行では両ドミニカを訪れましたが、共和国のドミニカがまた行きたいと思わせる観光地が豊かでした。

 

ご飯が美味しいカリブ諸国ベスト3はキュラソー・セントマーチン・バルバドス

キュラソーのBBQ

セントマーチンのジャークチキン

バルバドスのアイス

  • キュラソーのBBQ
  • セントマーチンのジャークチキン
  • バルバドスのアーモンドアイス

カリブ「海」なのでシーフードが美味しいかと想像してましたが、魚より肉の方が美味しかったです。

デザートとしてオススメしたいのは、バルバドス(歌手リアーナの故郷です)の街中にあった、チョコレートショップで食べられるアーモンドアイスです。地元では有名なようでしたが、事前情報が全くない中で偶然見つけたのでラッキーでした。旅の醍醐味ですね。

 

新婚旅行におすすめのカリブ諸国ベスト3はキュラソー・バハマ・ボネール

キュラソー

バハマ

ボネール

  • キュラソー
  • バハマ
  • ボネール

カリブ海クルーズは平均年齢がとても高く、リタイアした老夫婦がメイン、たまに小さな子供がいる家族旅行、稀に若い夫婦やカップルという構成でした。

 

クルーズ旅行は日本ではまだメジャーではないですが、新婚旅行としては

  • 安心
  • 疲れない
  • ゴージャス

という3点でとてもオススメできるので、ぜひご検討ください。

関連記事

クルーズ旅行に関する情報って少ないですよね。そこで、日本人が海外クルーズ旅行をするなら知っておくべき「本気のアドバイス」をまとめました。2019年にホーランド・アメリカのクルーズ船、コーニングスダム号(2016年建造)に乗って21日間のカリ[…]

日本人が海外クルーズ旅行をするなら、知っておくべき12のこと【本気のアドバイス】

 

家族旅行におすすめのカリブ諸国ベスト3はバハマ・ドミニカ共和国・アルバ

バハマ

ドミニカ共和国

アルバ

家族旅行にオススメなカリブ諸国は、こちらの3ヶ国です。

  • バハマ
  • ドミニカ共和国
  • アルバ

観光資源の豊富さと国内の治安、ツアーやアクティビティの充実度を基準にしています。中でもドミニカはよかったですね。国を挙げて観光客を誘致しているようで、充実度が高かったです。

 

バカンスにおすすめのカリブ諸国ベスト3はバハマ・タークスカイコス・セントマーチン

バハマ

タークス

セント・マーチン

  • バハマ
  • タークス・カイコス
  • セントマーチン

カリブの綺麗な海とビーチに癒されたかったら、上記の3島が至福です。英語通じますし、お酒や飲み物の注文を取りに来てくれるし、いつも晴天でカリブ海は本当に最高です。

 

ルイスがおすすめのカリブ諸国ベスト3はセントマーチン・キュラソー・バハマ

 セントマーチン

キュラソー

bahama

最後に、リゾートや観光、食事の美味しさなどを総合して、カリブ海で僕的にオススメなのは下記の3島です!

  • セントマーチン
  • キュラソー
  • バハマ

カリブ海には大小合わせて700以上の島があるので、クルージングのコースも様々ですが、迷ったらこれらの島が含まれるコースをぜひ選んでください。

 

世界が憧れるカリブ諸国を8つのベスト3で紹介します | まとめ

カリブ諸国で作る8つのベスト3は以上です。クルーズ旅行って日本ではまだメジャーではありませんが、費用も想像より安かったし、船内の食事はとても美味しかったので、コスパ良しでした。

関連記事

クルーズ旅行に関する情報って少ないですよね。そこで、日本人が海外クルーズ旅行をするなら知っておくべき「本気のアドバイス」をまとめました。2019年にホーランド・アメリカのクルーズ船、コーニングスダム号(2016年建造)に乗って21日間のカリ[…]

日本人が海外クルーズ旅行をするなら、知っておくべき12のこと【本気のアドバイス】

特に料金関連で日本語の情報が少なかったため、出たとこ勝負をしてましたが、わかったことをまとめました。事前にご確認いただければ、不安はかなり減るはずです!

関連記事

カリブ海クルーズ21日間の旅行にかかった費用は総額は55万円。しかし、有料だと思っていたら無料だったものと、無料っぽいのに有料なものが混在しているのがクルーズ旅行でした。そこで、本記事では実際にクルーズを経験した上で分かった、クルー[…]

海外クルーズ旅行で無料のもの・有料のもの