動画編集を助けるフォント・BGM・写真・アイコン・エフェクトなど合計27点

動画編集に役立つ各種素材をまとめました。フォント・BGM・効果音・写真素材・アイコン素材・Premiere Proのプリセットやエフェクトのテンプレート・動画素材の順で紹介していますが、動画編集の初心者でもフォントだけは入れるべきです。

フォントを良いものにするだけで、かなり見やすい動画になります。

 

Adobeフォント

  • RoぶらっしゅStd
  • 漢字タイポス415 Std
  • 源ノ明朝
  • VDL V7 ゴシック
  • VDL V7 丸ゴシック
  • VDL ロゴナ
  • TB シネマ丸ゴシック STD

上記のAdobeフォントはすべて無料ですので、アクティベート(インストール)してください。Adobeが提供するCreative Cloud内で検索して、スイッチをクリックするだけです。

» Adobeフォントをアクティベートする手順:[Creative Cloud 入門] Adobe Fonts の使い方

 

フリーフォント

  • けいふぉんと
  • 851チカラヅヨク
  • コミックホラー恐怖
  • GN-キルゴUかな
  • りいてがき筆

Adobeフォントだけでも通常は十分ですが、さらに個性的なフリーフォントも多数あります。日本語のフリーフォント418種類のまとめから個別ページにリンクして、フォントファイルをダウンロードして、PCにインストールすればフリーフォントも使えるようになります。

 

BGMと効果音

フォントが入れられたら、次はBGMです。無音の動画はできれば避けて、うっすらでもBGMを流すことで動画のクオリティが上がります。

 

月額ダウンロードし放題の「Epidemic Sound」に関しては、気づきにくい利用ルールがあります。詳しくは「Epidemic SoundはYouTubeチャンネル1つまで」をご覧ください。

 

写真素材

動画内で利用する写真素材を探せるサイトは以上です。

 

アイコン素材

「いらすとや」のイラストが人気ですが、1動画で21個以上のイラストを使用すると有料となるので、気をつけてください。

 

Premiere Proのプリセットやエフェクトのテンプレート

Premiere Proで使えるプリセットやエフェクトのテンプレートを使うことで、簡単にカッコイイ動きを動画内で実現できます。

 

動画素材

最後に紹介するのは無料の動画素材を紹介するサイトです。紙吹雪や集中線など、動画を彩るために使いやすい素材です。

 

動画編集を助けるフォント・BGM・写真・有料サイト | まとめ

動画編集を助ける各種素材についての紹介は以上です。当ブログでは、動画撮影・編集を始めたばかりの人向けのハウツーをまとめているので、気になる情報があればご覧ください。

関連記事

YouTubeに興味がありますか?本記事では、YouTubeを撮影するために必要な最小限の機材とを紹介します。無料のものだけで撮影と編集が可能です。最小限の組み合わせなら、手持ちのiPhoneと無料のiMovieでOKです。&nbs[…]

【無料です】YouTubeの動画撮影に使う最小構成の機材とツール
関連記事

YouTubeにアップする動画を撮影したい人に向けて、編集をする(または編集を頼む)ときに困らない撮影の基本をお伝えします。動画の撮り直しを防ぐために知っておくべき最低限の知識のみ。難しい設定や機材については言及しないので、一通り経[…]

初めてYouTube動画を撮影する人への3つの超基本
関連記事

人生で初めてYouTubeに出演しました。ラジオパーソナリティーをしているので話すことは慣れているつもりでしたが、映像+音声のYouTubeと音声のみのラジオだと出演者として求められることが全然違いますね。本記事ではYouTube初[…]

YouTubeの出演者側が気をつける7つのこと
Adobe CCを
学生料金で契約できます
Premiere Rushの使い方。Premiere Proより圧倒的に簡単です

Adobe Creative Cloudにいくら払ってますか?月額5,000円以上払っているなら、購入方法を変更することで月額3,000円の学生料金にコストダウンできます。

年間だと32,000円の節約です。新しい機材やガジェットが買える金額ですね。

もちろん、合法です。ズルは一切ありません。