Premiere Proのインストール中に勉強する「Premier Pro用語集」

Premiere Proのインストール中に勉強する「Premier Pro用語集」

動画編集に必要な用語集からPremiere Proの操作に必要な用語のみを抜粋して、一部の用語を追加しました。Premiere Proを使ってみたものの諦めた人がいたら、半分は用語の難しさです。

あと半分は多機能すぎることなので、用語と一緒に「絶対につまずかないPremiere Proで動画を編集する流れ」を動画編集は簡単ですよ。

 

エッセンシャルグラフィックス

画面の動きやテキストを編集することができる機能。

PremiereProにおけるテロップの作成方法は「エッセンシャルグラフィクスのテキスト」と「レガシータイトル 」が存在する。テロップ作成以外にも使われる機能だが、大体はテロップで出てくる用語。

 

エフェクト

クリップに対し、何かしらの効果(色の補正、テキストの追加、ボリュームの調整等)を加えること。

 

シーケンス

タイムラインとも呼ばれる。映像は色んな要素で出来上がっているが、それらの要素が持つ動作の順序をシーケンス上で設定する。

 

調整レイヤー

同じビデオエフェクトを複数のクリップに対し適用する際に使用する機能。

 

タイムラインパネル

動画編集で設定するシーケンスを表示させる場所。ビデオとオーディオのトラックが存在する。

 

トランジション

クリップとクリップのつなぎ目をスムーズにできる映像、音に対して適用できる

 

プログラムモニター

タイムライン上で編集したシーケンスを再生するモニターの名称。要するに編集中の動画が表示される場所。

 

プロジェクト

映像編集をする際に使う素材や設定を包括して保存したものの総称。ワークスペース上にプロジェクトを管理するパネルが存在する。

 

レイヤー

タイムラインパネル内に置かれる映像素材のグループ。通常、ベースとなるレイヤーは動画ファイル。

それぞれのレイヤーの重なりにより、一つの映像が作られる。上のレイヤーになればなるほど、映像の素材が手前に(優先的に)表示される。

 

レガシータイトル

テロップ作成の際に使うPremiereの機能。レガシータイトル のプロパティ設定で、テロップに使うフォントの装飾を編集できる。

また、編集したフォントデザインをレガシータイトルスタイルとして保存し、同じフォントデザインを繰り返し使用することができるので、徐々にレガシータイトルが貯まっていくと嬉しい。

 

レンダリング

Premiere Proのシーケンス上に並ぶ動画クリップ、オーディオ、エフェクトなどの編集内容を動画に反映させる作業。

編集内容が増えるとシーケンスが重くなるが、レンダリングをするとプレビュー動画再生がスムーズになり、書き出しも早くなる。

関連記事

Premiere Proの動作が重くなってますか?カクカクだと仕事にならないので、ひとまず記事内で紹介するテクニックを試してください。そこそこのPCであれば、ひとまず動く状態まで軽くなるはずです。 Premiere P[…]

Premiere Proの動作を軽くする

 

ワークスペース

Premiere Proの編集画面のこと。編集の際に使う機能の配置はカスタマイズ可能。動画編集者によって個性が出る部分。

 

ツールパネル内の各ツールの名称と意味

ツールパネル内の各ツールの名称と意味

 

  • 選択ツール
  • トラックの前方選択ツール
  • リップルツール
  • レーザーツール
  • スリップツール
  • ペンツール
  • 手のひらツール
  • 横書き文字ツール

 

選択ツール

矢印マークのツール。クリップや何かのオブジェクトを選択する時に使う。動画編集時は、何もなければ選択ツールを選択しておくことが多い。

 

トラックの前方選択ツール

点線四角から矢印が抜け出しているマーク。シーケンス内で、選択しているトラックの位置から右側存在している全てのトラック(オーディオ、ビデオ)を選択できるツール。

トラックの前方選択ツールを使い、Shift+選択をすると、特定のトラックのみ指定できる。

 

リップルツール

矢印が右と左に向いているマーク。クリップの始まりと終わりを調整できるツール。

あえてこのツールを選択しなくても、選択ツールを使ってクリップの始まりと終わりを調整できるため、使用頻度は少ない。

 

レーザーツール

カッターの刃のマーク。クリップ上に編集点を加えるツール。

動画編集時に編集点を加える場合は、ショートカットを使いながら行うことが多いため、あえてレーザーツールを選択することはほぼない。

 

スリップツール

2本の縦線の間に両方向に向く矢印がついているマーク。クリップの長さは変えずに、使う素材のはじめとおわりを変えることが出来るツール。あまり使わない。

 

ペンツール

万年筆のマーク。長押しすると、長方形ツールと楕円ツールを選べる。ペンツールを使うと、図形を画面上に作成出来る。作成には、プログラムモニターを使用。

 

手のひらツール

手のひらのマーク。プログラムモニターやソースモニター上で表示される映像を動かすことが出来る。

 

横書き文字ツール

Tのマーク。長押しすると、横書きか縦書きかが選べる。いわゆる「エッセンシャルグラフィクス」のこと。テキストを入力する際には、プログラムモニターを使用する。

 

Premier Pro用語集 | まとめ

今回は動画編集ソフトPremiere Proの用語集をまとめましたが、より簡単に、素早く動画編集をしたいなら、Premiere Rushという初心者向けアプリもあります。

Premier ProとPremiere Rushの違いが分からない人は、下記の記事をご覧ください。

関連記事

スマホで動画を撮影して編集もする道具やアプリを解説した記事がたくさん読んでもらえたので、続編としてiPhone版Premiere Rushの使い方を解説します。 iPhone版Premiere Rushとは?[…]

iPhone版Premiere Rushは初心者向けの動画編集アプリです【無料あり】
Adobe CCを
学生料金で契約できます
Premiere Rushの使い方。Premiere Proより圧倒的に簡単です

Adobe Creative Cloudにいくら払ってますか?月額5,000円以上払っているなら、購入方法を変更することで月額3,000円の学生料金にコストダウンできます。

年間だと32,000円の節約です。新しい機材やガジェットが買える金額ですね。

もちろん、合法です。ズルは一切ありません。