明けましておめでとうございます
【無料です】YouTubeの動画撮影に使う最小構成の機材とツール

【無料】YouTubeの動画撮影に使う最小構成の機材とツール

YouTubeに興味がありますか?本記事では、YouTubeを撮影するために必要な最小限の機材とを紹介します。無料のものだけで撮影と編集が可能です。最小限の組み合わせなら、手持ちのiPhoneと無料のiMovieでOKです。

 

iPhoneでYouTubeの動画を撮影する

iPhoneX以上なら、動画撮影に十分です。事前に下記の設定や準備をすることで、さらにいい感じにできます。

iPhoneで動画を撮影する設定
・画質をxxxにする
・機内モードかおやすみモードにする
・画面縦向きのロックを解除する

設定の詳細が分からない方は「iPhoneで動画を撮影する際に必要な4つの設定」をご覧ください。

 

なお、機材にお金をかけて、もっとクオリティの高い動画を撮りたい人は、ShureのMV88+ ビデオキットを用意してください。スマホ用のマイクにしては高価格ですが、圧倒的な音質は動画にとっては重要です。特にトーク中心なら。

 

無料のiMovieで動画を編集する

iPhone、Macの両方に標準インストールされている、iMovieでも動画の編集は可能です。テロップ作りの微調整や綺麗なテンプレートなどはありませんが、ひとまず簡単な動画を編集するだけなら十分です。

» ‎App Store:iMovie

 

もう少し本格的に動画を編集したくなったら、AdobeのPremiere Rushがオススメです。

» App Store:‎Adobe Premiere Rush – 動画編集アプリ
» Google Play:Adobe Premiere Rush — 動画編集ツール

 

Premiere Rushの機能
・タイトル(文字入れ)テンプレートの使用
・動画のカットや変形
・トランジション(暗転・ホワイトアウト)の設定
・動画のカラー調整
・音の調整
・動画のスピードの調整
・最大4つまで動画やテロップを合成できる

こんな感じで、動画編集に必要な機能が揃っています。

なお、iPhone版Premiere Rushは書き出し3回まで無料です。4回以上書き出すタイミングで月額980円の有料プランになりますが、すでにAdobeのソフトウェア(PhotoshopやIllustratorなど)を使っている場合は、Premiere Rushもプランに含まれている場合があるので、ご確認ください。

 

動画のアイキャッチ画像は無料のCanvaで作る

YouTubeの動画に必要なアイキャッチ画像を作るなら、Canvaというデザインツールが使い勝手が抜群でオススメできます。デザインの経験が少なくともテンプレートがたくさん揃っているので、ひとまずはテンプレートを生かしながらテキストを変更するだけで、それっぽい画像を作ることができます。無料ツールです。

» ‎App Store:Canva
» Google Play:Canva

 

YouTubeの動画撮影に使う最小構成の機材とツール | まとめ

本記事では「YouTubeの動画撮影に使う最小構成の機材とツール」を紹介しました。まずは、iPhoneとiMovie、Canvaの組み合わせで動画を作ってみて、慣れてきたら有料ツールを検討したり、機材を追加するという流れだと、リスクを抑えてYouTubeを始められますね。