Premiere Proで動画編集をする際のチートシート(設定まとめ)

Premiere Proで動画編集をする際のチートシート(設定まとめ)

Premiere ProでYouTube用の動画を編集していますが、設定項目がとても多いです。とても覚えきれないので、チートシートを作りました。プロジェクト、シーケンス、書き出し、撮影時、サムネイル画像に関しての一般的な設定のまとめです。

 

新規プロジェクトの設定

レンダラー:Mercury Playback Engine – GPU アクセラレーション(Metal)
ビデオの表示形式:タイムコード
オーディオの表示形式:オーディオサンプル
キャプチャ:DV

 

新規シーケンスの設定

AVCHD1080p30にすればOKです。

AVCHD:映像規格
1080:フルHD(画面サイズが1920px×1080px)
p:プログレッシブ(表示方法)
30:フレームレート

 

書き出しの設定

形式:H.264
プリセット:ソースの一致高速ビットレート
出力名:20200217●●(日付を入れておくとファイル管理がしやすい)
最高レンダリング品質を使用
プレビューを使用

 

撮影するカメラの設定

シャッタースピード:1/100〜1/120
フレームレート:60fps
画質:4K
ISO感度:オートでOK

 

YouTubeのサムネイル画像

画像サイズ:1280×720px
ファイルサイズ:2MB以下
画像形式:jpeg

 

Premiere Proで動画編集をする際の設定まとめ

Premiere Proで動画編集をする際の設定については以上です。なお、撮影する際に気をつけることは別記事にまとめました。

関連記事

YouTubeにアップする動画を撮影したい人に向けて、編集をする(または編集を頼む)ときに困らない撮影の基本をお伝えします。動画の撮り直しを防ぐために知っておくべき最低限の知識のみ。難しい設定や機材については言及しないので、一通り経[…]

初めてYouTube動画を撮影する人への3つの超基本
Adobe CCを
学生料金で契約できます
Premiere Rushの使い方。Premiere Proより圧倒的に簡単です

Adobe Creative Cloudにいくら払ってますか?月額5,000円以上払っているなら、購入方法を変更することで月額3,000円の学生料金にコストダウンできます。

年間だと32,000円の節約です。新しい機材やガジェットが買える金額ですね。

もちろん、合法です。ズルは一切ありません。