スラッシュワーカーのルーティーン「ある1日を公開します」

スラッシュワーカーのルーティーン「ある1日を公開します」

スラッシュワーカーとして1人10職で働いていると、毎日がカオスです。いつ何をやるかが流動的なので、特に決めてはいません。

「ルイスさんって、どんな日常なんですか?税金とかちゃんと払ってるんですか?」って聞かれることも多いです。税金は払ってますし、保険も入ってます。

そこで本記事では、スラッシュワーカーとしてワークライフカオスに過ごしている標準的な1日のルーティーンを公開します。

 

筆者の働き方

1つの仕事に収入を集中させずに、分散して稼げるように仕事作りをしています。アメリカだとスラッシュワーカー、日本で馴染みのある言葉ならパラレルワーカーポートフォリオワーカーと呼ばれるスタイルです。

仕事の多くはインターネット中心。コロナ禍の影響もあって、仕事でもプライベートでも外出はとても少ないです。働く場所は自分の部屋で、食事は自炊なので、そこそこ時間がかかります。

 

本日の仕事

  • ブロガー
  • Webマーケコンサルタント
  • ラジオパーソナリティー
  • 動画編集
  • 講師
  • 講座運営
  • YouTubeディレクター
  • 投資家

ある1日での仕事はこちらの8つでした。普段は1にちで5~6つを同時進行することが多いので、やや多めですね。週2~3日でスキルアップ講座を開催しているので、講義がある日は割と忙しいです。

 

スラッシュワーカーのルーティーン

午前

08:00 起床
08:10 朝の支度
08:20 ブログを書き始める
08:40 マーケティングコンサルの対応
08:50 ラジオ選曲

09:10 休憩
09:20 請求書の送付
09:30 コミュニティに投稿
09:40 Dead by Daylightを楽しむ

10:00 朝ご飯
10:15 講義資料の作成
10:30 オウンドチューブ協会の運用
10:35 洗濯物を干す
10:45 YouTubeのフィードバック

11:00 読書
11:15 YouTubeのフィードバック
11:35 講義資料の完成

 

午後

12:05 昼食の用意
12:30 昼食

13:05 Dead by Daylightを楽しむ
13:40 CMO養成講座の運用

14:10 ブログ執筆を再開
14:30 休憩
14:40 ブログリニューアルの準備

15:10 金融商品の追加購入
15:15 読書

16:00 休憩
16:00 ブログ執筆を再開
16:50 台本作成MTGの準備

 

夕方・夜

17:00 YouTubeの台本作成MTG

18:30 夕食の用意
18:55 夕食

19:15 休憩
19:30 夕食の片付け
19:45 マーケティングコンサルの対応
19:50 講義の準備

20:00 トラベルムービーメーカーズ講義

22:05 休憩
22:15 シャワー浴びる
22:30 スマホ触る
22:55 ブログ仕上げ

23:15 寝る準備
23:25 読書

24:00 就寝

 

1日の労働時間

  • ブロガー:140分
  • Webマーケコンサルタント:15分
  • ラジオパーソナリティー:20分
  • 動画編集:35分
  • 講師:145分
  • 講座運営:30分
  • YouTubeディレクター:90分
  • 投資家:5分
  • 合計:480分(8時間)

 

1日の振り返り

スラッシュワーカーになってから初めて丸一日のログをつけました。ブログのリニューアル中ってこともあって、かなりブログに時間が偏ってますね。そろそろ、ブログ中心からYouTube中心に切り替えるので、そうなると動画編集の時間が伸びるはずです。

あとは、もうちょいデータベースビジネスとSNSの運用に時間を割きたい。

 

スラッシュワーカーのルーティーン | まとめ

スラッシュワーカーのある1日は以上です。いわゆる「ルーティーン」のような細かな流れは決まっていませんが、ブログを書く、コンサル先に連絡する、資料を作るなどは毎日の習慣です。

「そもそも、いろいろな職種を同時並行させるのって、どうするの?」という方は、初めてのスラッシュワーカー準備講座をご覧ください。

関連記事

1人10職のスラッシュワーカーとして暮らしています。働きながら世界を旅していたら、最適な働き方としてスラッシュワーク(スラッシュキャリアともいいます)にたどり着いたのですが、漢字にすると「複業」です。 スラッシュ([…]

初めてのスラッシュワーカー準備講座
Adobe CCを
学生料金で契約できます
Premiere Rushの使い方。Premiere Proより圧倒的に簡単です

Adobe Creative Cloudにいくら払ってますか?月額5,000円以上払っているなら、購入方法を変更することで月額3,000円の学生料金にコストダウンできます。

年間だと32,000円の節約です。新しい機材やガジェットが買える金額ですね。

もちろん、合法です。ズルは一切ありません。