2020年はどんな年になるのだろうか...!!
トラベルライターの収入と年収

トラベルライターの収入と年収【1000万円目指す】

旅と仕事の両立にお金はとても大切。海外滞在は生活しているだけでも、日本滞在より多くの体力と時間を使うので、普段より短い時間で稼げないとしんどいです。

旅をしながら月5万円稼ぐ方法を仕事量で解説」にて、トラベルライター、ブロガー、カメラマン、エンジニア、デザイナーとして月に5万円を稼いだ場合の仕事量の目安を紹介しましたが、本記事ではトラベルライターに絞って、収入や年収の推移を解説します。

まず、トラベルライターの報酬体系から。

 

トラベルライターに支払う報酬の決め方

まず、トラベルライターの報酬体系

トラベルライターへの報酬は、文字単価、記事単価、定額制のどれかで決まります。

 

文字単価での支払い

文字単価は、1文字の金額が決まっていて、書いた文字数に応じて報酬が決まるという考え方です。トラベルライターに限らず、翻訳の仕事も文字単価だったりします。

執筆経験と文字単価のイメージは下記のようになります。

  • 初心者トラベルライター:1文字0.5円〜1円
  • 中堅のトラベルライター:1文字1円〜5円
  • ベテランのトラベルライター:1文字6円〜9円
  • 人気トラベルライター:1文字10円〜

 

記事単価での支払い

記事単価は、1記事の金額が決まっていて、書いた記事数に応じて報酬が決まります。目安は下記になります。

  • 初心者トラベルライター:1記事500円〜3000円
  • 中堅のトラベルライター:1記事3000円〜10000円
  • ベテランのトラベルライター:1記事10,000円〜20,000円
  • 人気トラベルライター:1記事50,000円〜

 

文字単価は初心者ライターや副業ライター向きでよく用いられ、一方で人気ライターになるほど記事単価が適用される機会が多いです。

 

定額制

文字単価でも、記事単価でもなく、毎月定額で報酬をもらって執筆をするトラベルライターもいます。文字単価や記事単価で活動していたライターが、信用を得て「まとめてお金渡すから、いつも通りいい感じに書いてよ」となると、定額制になります。

ライターにとっては毎月の収入が安定するので、暮らしやすくなります。

 

ここまでの内容を表にしてまとめました。

文字単価記事単価
初心者トラベルライター0.5円〜1円500円〜3,000円
中堅のトラベルライター1円〜5円3,000円〜10,000円
ベテランのトラベルライター6円〜9円10,000円〜20,000円
人気トラベルライター10円以上 50,000円以上

 

トラベルライターの収入相場

トラベルライターの収入相場

上記のような文字単価や記事単価で報酬を得ているトラベルライターですが、月収や年収の金額は働き方と稼ぎ方、ライターとしての知名度、経験値で変わります。

 

副業トラベルライターは月収5万円、年収60万円

会社員やアルバイトを続けつつ副業でトラベルライターをしている人の収入は月収5万円、年収60万円くらいです。

副業でのトラベルライターの場合は、本業があるため実際に旅行をする仕事を受けにくいというデメリットがありますが、本業での収入があるため、トラベルライターとして必死に稼がなくてもOKという自由度が魅力ですね。

 

駆け出しのトラベルライターは月収20万円、年収240万円

文字単価:1文字1円〜5円
記事単価:1記事3000円〜10000円

ぐらいの報酬体系で働いている駆け出しのトラベルライターの場合、月収20万円、年収240万円くらいです。ちなみに、月収や年収については額面か手取りかという違いがありますが、フリーランスとしてトラベルライターをする場合は給料の天引きなどはないので、本記事では「手取り」での考え方です。

 

ベテランのトラベルライターなら月収40万円、年収480万円

文字単価:1文字6円〜9円
記事単価:1記事10,000円〜20,000円

ベテランのトラベルライターになってくると、収入は月収40万円、年収480万円ほどです。

国税庁の「民間給与実態統計調査(平成28年)」によると、正社員で働く年収400万円台の会社員は全体の19.4%。うち男性は20.4%、女性は17.1%で、収入に対する不満はかなり減ってきます。

 

トップクラスのトラベルライターは月収100万円、年収1000万円

文字単価:1文字10円〜
記事単価:1記事50,000円〜

トップクラスのトラベルライターの収入は月収100万円、年収だと1000万円を超えます。ライターとしての仕事だけではなく、イベントへの登壇、旅行企画の総合PRなど、様々な仕事を受けるようになるため、合計での収入と考えてください。

年収1000万円を超えると個人事業主ではなく、法人として起業するケースも増えてきます。

 

トラベルライターの収入と年収 | まとめ

改めて、トラベルライターの年収をまとめると、下記のようになります。

月収年収
副業トラベルライター5万円60万円
駆け出しのトラベルライター20万円240万円
ベテランのトラベルライター40万円480万円
トップクラスのトラベルライター100万円1000万円

 

急激に人気になるトラベルライターもいれば、着実にステップアップするライターもいますが、共通しているのは最初の5万円から、はじまるということです。

2020年2月に開講する「トラベルライター養成講座」では、最初の5万円を稼ぎ切るところをやりますので、副業やフリーランスとして稼ぐ経験がなく、トラベルライターを目指したい人にとっては、最良の機会です。

関連記事

千葉県・金谷のコワーキンススペース「まるも」で開催し、エッセンシャル版を公開したトラベルライター養成講座を3週間のフルタイム講座で開催できるようになりました! [2020/01/27 追記]トラベルライター[…]

トラベルライター