トラベルライターと大学は無関係【高卒OK】

トラベルライターと大学は無関係【高卒OK】

「トラベルライターとして働くにはどのような大学、学部で学ぶべきですか?」と質問されましたが、トラベルライターと大学は無関係なので、気にしなくて大丈夫です。高卒でも中卒でもOKです。

活躍しているトラベルライターが持っている7つの技術は大学で学ぶことができず、仕事を通して磨いていくからです。

 

活躍しているトラベルライターが持っている7つの技術

1. 考える(企画・構成)
2. 見る/聞く(取材)
3. 撮る(カメラ・レタッチ)
4. 書く(ライティング)
5. 届ける(SNS・SEO)
6. 提案する(提案・営業)
7. 提案される(世界観・ファン)

上記に関しては別記事「食べられるトラベルライターになるには?高単価の案件で必要とされる7つの技術」で解説しています。

「トラベルライターになるのに、特定の大学や学部に進学する必要はなし」というのが結論ですが、それでも何か学んでからトラベルライターになりたい場合は下記の講座やオンラインコミュニティなどは有効です。

関連記事

トラベルライター目指してますか?副業でトラベルライターになるには、旅行関係の案件があれば少しあれば成立します。しかし、トラベルライターで食べていく、生活費を稼ぐには大きな仕事が必要です。では、どういう仕事が大きくなるか(金額が高いか[…]

食べられるトラベルライターになるには?高単価の案件で必要とされる7つの技術【副業なら3つでOK】

 

トラベルライター養成講座

トラベルライター養成講座

僕の周りでトラベルライターになりたい人がとても多かったので、合宿型のトラベルライター養成講座を2020年2月に開催します。

合宿中に営業→執筆→納品を実践して5万円を稼ぐところまでやるので、あとは本人が頑張ればトラベルライターとして独立できます。詳細や問い合わせは下記の特設ページをご覧ください。

 

オンラインコミュニティ「#旅と写真と文章と」

オンラインコミュニティ「#旅と写真と文章と」

トラベルライターになるなら、トラベルライターから技術や考え方を盗むのが近道。

若手で人気のトラベルライターは何人かいますが(逆に言うと、何人かしかいない)、伊佐知美さんが主催しているオンラインコミュニティ「旅と写真と文章と」が、トラベルライターにとってはテーマがど真ん中です。

先日はコミュニティ2周年のイベントにも出演して、旅と仕事について話しました。急いでトラベルライターになるのではなく、何となくどんな世界かのぞきたい人にオススメです。

tomomiisa

オンライングループ 「#旅と写真と文章と Slackコミュニティ」に2020年9月末まで参加できるチケットの購入ページで…

 

スタディサプリ

スタディサプリ

リクルートが提供していて「もう英会話スクール無くなる」と言われるぐらい高品質なスタディサプリを使って、英語の勉強をしておくとトラベルライターで役立ちます。

・海外取材で聞き取りができる
・海外の文献やニュースを調べる

という2点で英語を使います。あまり英語が得意でないトラベルライターもいますが、仕事の幅を日本から世界に広げるためにも、いずれは必要となるでしょう。

日本の人口は減っていきますし、早めに対策しといて損はしません。

 

トラベルライターと大学は無関係 | まとめ

本記事では「トラベルライターになるために、特定の大学や学部に進学する必要はない理由」とトラベルライターになるのに有効な講座やコミュニティを紹介しました。

トラベルライターになるための大学を選ぶくらいやる気があったら、いますぐにトラベルライターとしての経験を積んでも良いですね。トラベルライターのはじめ方は別記事「副業でトラベルライターをはじめる手順は「旅行ループに入る」を優先すべき」にまとめてあります。

関連記事

トラベルライターを始めたい人:文章を書くことと、旅行が好きなので、トラベルライターとして仕事・副業ができれば楽しいと思ったけど、どうやって一歩目を踏み出せばいいだろう?という方に向けて、旅行メディア「TABIPPO.NET」の編集長[…]

副業でトラベルライターをはじめて活躍する手順【旅行メディア編集長が解説】
ライターとして
世界を旅しながら稼ぐ
トラベルライター養成講座

旅行先で取材をして、情報を文字と写真で伝える「トラベルライター」が人気です。

でも、みんな諦めてしまいます。ライターとして、書くだけじゃなくて、考える、見る、聞く、書く、届ける、提案するなどの複合的なスキルがないと稼げないからです。

独学でたくさんのスキルを学ぶにはあまりに時間がかかる。そこで、6/15〜7/3までの3週間で、トラベルライター養成講座を開催します!前回は満席になりました。

自分で稼ぐことができれば、どこへでも行けます。