副業でトラベルライターをはじめて活躍する手順【旅行メディア編集長が解説】

副業でトラベルライターをはじめる手順は「旅行ループに入る」を優先すべき

トラベルライターを始めたい人:文章を書くことと、旅行が好きなので、トラベルライターとして仕事・副業ができれば楽しいと思ったけど、どうやって一歩目を踏み出せばいいだろう?

という方に向けて、旅行メディア「TABIPPO.NET」の編集長を5年務めた中で、たくさんのトラベルライターと関わった経験を踏まえて、トラベルライターをはじめる手順を紹介します。キーワードは「旅行ループ」です。

なお、本記事はまずは副業で稼ぐことを目指すトラベルライター初心者向けです。なお、速攻でトラベルライターに必要な技術を身に付けたい方向けには、2020年2月にトラベルライター養成講座を開設します。講座期間内に5万円を稼ぐ、ことまで完了する実践型の講座です。

関連記事

千葉県・金谷のコワーキンススペース「まるも」で開催し、エッセンシャル版を公開したトラベルライター養成講座を3週間のフルタイム講座で開催できるようになりました! [2020/01/27 追記]トラベルライター[…]

トラベルライター

 

副業でトラベルライターをはじめる手順

副業でトラベルライターをはじめる手順

 

まず、ライターとしての活動をはじめる

当たり前ですが、ライターとして仕事を探すところからスタートします。ライティング系の案件が多く掲載されているのは、下記の3サイトなので簡単で短納期(1~2週間くらい)の仕事を繰り返して経験を積みます。旅行系でなくてもOKです。

すでに詳しい領域の仕事を見つけられると、勉強する時間を省くことができるのでポジティブですね。

・クラウドワークス(リモートワークの仕事全般)
・Bizseek(リモートワークの仕事全般)
・サグーワークス(単価が高いライティング案件)

上手に書けない!とか悩むと思いますが、この段階では期日までに求められた内容をきちんと納品する、ということができれば十分です。

 

ライターで稼いだお金で旅行をする

ある程度、ライターで稼いだお金がまとまったら、近場に旅行します。今回の旅行がトラベルライターとしての実績を作る機会なので、最も自分らしいこだわりの旅行をしてください。

 

多くの人にとっては、初めて、趣味ではなく仕事での旅行です。自分がトラベルライターとして得意分野にしたい旅行ジャンルを意識して旅行を計画してください。

  • 海外旅行 / 国内旅行
  • 一人旅 / 友達と旅行 / カップル・夫婦で旅行 / 家族旅行
  • 旅行の予算
  • 旅行の期間
  • リゾート / シティ

などがざっくりとした旅行ジャンルですね。

 

例えば、僕の場合は下記が得意分野です。

  • 海外旅行
  • 一人旅
  • 予算安めの節約旅
  • 期間長め
  • シティ中心

 

旅行の経験を執筆して実績にする

先ほどの旅行を時間をかけてじっくりと執筆して、初めてのトラベルライターとしての実績にします。実費で旅行をしていますが、気にする必要はありません。仕事の依頼主側からすると「旅行の経験をどのように素敵な記事にできるか」が分かるかどうかが、大切だからです。

記事の掲載先は自分のブログを持っていればブログでもOKですが、ブログのデザインが不十分だと記事も色褪せて見えてしまうので、こだわりがなければnoteにしましょう。

noteなら、誰でもシンプルで見やすい記事を書くことができます。noteを使ったことがない方でも、アカウントの作成から執筆開始まで3分もかかりません。

 

旅行記事の実績を次の案件獲得に使う

noteに掲載したあなたの力作を実績として、いよいよトラベルライターとしての仕事を探します。もし、旅行関係以外でも、いい感じの案件があれば受けちゃってOKです。目安としては初心者で1文字2円以上の案件を受けることができるようになれば、頑張って作成した実績記事が評価されています。

すごい記事ができてしまった!!という場合なら、旅行系のWebメディアに直接提案しちゃってもOKです。トラベルライターを募集している代表的なWebメディアは下記にまとめましたが、旅行専門もWebメディアでなくても旅行カテゴリーがあったりするので、積極的に営業しましょう。

関連記事

旅行関係のライティング案件を探しているライター:趣味の旅行についてライターとして仕事を探してるんだけど、ライターを募集している旅行メディアってどんなものがあるの?できれば、まとめて教えて欲しい。という要望にお応えます。&nb[…]

 

稼いだお金で次の旅行を(以下旅行ループ)

粘り強く旅行案件に提案をしながら、仕事→旅行→実績作り→仕事の旅行ループを繰り返すことで、どんどん実績が増えていきます。実績作りをせずに、簡単な仕事を繰り返して、稼いだお金を消費してしまうと、経験も実績も貯まりません。

新たな職業に就くということは、学び直しは避けられないのでトラベルライターを始める半年から1年ほどは副業として地道に続けるか、ある程度の貯金を貯めてから挑戦した方が足元の仕事に惑わされずにすむので、結果的に早く成長します。

 

副業でトラベルライターをはじめる手順 | まとめ

本記事では「副業でトラベルライターをはじめる手順」について解説しました。稼いだお金を旅行に使って、実績とするという動き方は、フリーランスは当たり前ですが会社員にとっては新しいお金の使い方。

読書やセミナーなどのインプットのためではなく、実績やキャリアとなるアウトプットのためにお金を貯める、払うという考え方に慣れましょう。

なお、なかなか良い旅行案件が見つからない方は「コミュニティに入る」や「Twitterで探す」などの別手段も検討した方が良いかもしれません。下記の記事で解説してます。

関連記事

海外・旅行関係のライティングを仕事にしようと決意した方:海外旅行が趣味で年3回は行きます。日本ではまだ知られてない面白い場所をたくさん見つけたので、ぜひ発信をしたい。できればライティングの仕事として本業がおろそかにならない範囲で月に2-3万[…]