稼げる副業は考え方が違う。稼げない人の3つのNG【時間を売るな】

   

副業を頑張っているのに、時間ばかり消費して思ったように稼げない人向けの記事です。

 

記事のまとめ

副業で稼げない人がやってしまっているNGはこちらの3つです。

・労働力を売りにしている→技術を売りにする
・仕事を断らない→仕事を選ぶ
・全部自分でやる→小さな経済圏を作る

心当たりがあったら、続きを読んでください。副業で稼ぐためのマインドセットを解説します。

 

筆者の副業

記事を執筆している僕は、株式会社TABIPPOという旅の会社で働きながら、ブロガーやライター、ラジオDJ、コンサルタントなどの副業をしています。

副業歴は2年くらいで今でこそ本業と同じくらいの収入になりましたが、最初の1年くらいは月1万円以下の収入でした。

考え方を変えてから、より少ない時間で多く稼げるようになったので、共感できた部分は取り入れてもらえると嬉しいです。

 

労働力を売りにしている→技術を売りにする

労働力を売りにしている→技術を売りにする

副業で稼ぐためには

  • データ入力
  • アンケート回答
  • ポイントサイト

などの誰でもできる副業だけでは時間が足りません。少ない時間で、より多く稼ぐためにオススメの副業はこちらです。

  • Webプログラミング
  • アフィリエイト
  • 動画制作
  • ブログ
  • コンサルティング

稼げる副業と稼げない副業の違いは時給です。

Webプログラミング:5万円/1ページ
動画制作:10万円/1本
コンサルティング:1万円/1時間

こちらは目安ですが、技術系の副業は仕事に必要な技術に対して報酬が払われる→仕事を通して技術が磨かれる→さらに報酬が増える、とういう良い循環を生み出せます。

 

仕事を断らない→仕事を選ぶ

仕事を断らない→仕事を選ぶ

副業の仕事が無くなるのが怖いという理由で、すべての仕事を受けていませんか?副業・WワークOKの仕事を探せる求人サイトを見てもらえれば、想像よりもずっと多くの副業OKの仕事があることに気づきます。

副業においての自分の時給を設定して、大きく下回る依頼に関しては断るか交渉しましょう。友人からの依頼を断るのは...と気になる場合は、副業の料金テーブルを作成してください。

依頼主との関係性に関わらず、テーブルをもとにやる・やらないを機械的に判断すれば、公平な対応をできますから気が楽です。友人でも関係性によって、値段を上げたり下げたりすると公平さが失われるので、迷います。

 

全部自分でやる→得意な人に依頼する

全部自分でやる→小さな経済圏を作る

副業で稼ぐためには、すべてを自分することをやめて同じ業務を自分より短い時間で、高い品質で完了できる人に依頼することが大切です。

副業の発注者からすれば、より良い仕事をしてくれることが大切です。すべての仕事をひとりでやることを求められてはいません。

 

例えば、僕の場合インタビューの副業であれば、インタビュー当日や企画作りは自分で担当してますが、文字起こしと編集は別のライターに依頼しています。

良いチームを作ることができれば、副業が本業になる日も近いです。

 

まとめ

副業で稼げるようになるためのマインドセットは以上です。さらに副業の時間が限られるサラリーマンに向けたアドバイスも執筆しました。

特に積み上げ型の副業を選ぶことが大切です。積み上げの意味がわからない人は記事をご覧ください。

 - ライフハック / Life Hacks