Webライターはやめとけ!? 本当に向いていない人の特徴と対処法

Webライターはやめとけ!? 本当に向いていない人の特徴と対処法
  • 2024.05.30

Webライターに憧れを抱いている人は多いですが、実際に仕事をしてみると想像していたのとは違うと感じる人も少なくありません。この記事では、Webライターに向いていない人の特徴と、そんな人がどのように対処すべきかについて詳しく解説します。

 

Webライターを目指している人はもちろん、現役のWebライターの方にも参考になる情報が満載ですので、ぜひ最後までお読みください。

 

ノマドニア編集部
こちらの記事はノマドニア編集部が執筆しています!

 

Webライターに向いていない人の特徴

Webライターは誰にでもできる仕事ではありません。ここでは、Webライターに向いていない人の特徴について詳しく見ていきましょう。

自分に当てはまる点がないか、しっかりと確認してください。

文章を書くことが苦手な人

Webライターの仕事は、文章を書くことが中心です。したがって、文章を書くことが苦手な人は、Webライターには向いていないと言えるでしょう。

 

文章力は、Webライターにとって最も重要なスキルの一つです。文章の構成力、文法力、語彙力など、基本的な文章力が求められます。

また、読者を引き付ける魅力的な文章を書く能力も必要不可欠です。

 

文章を書くことが苦手な人は、Webライターとしてのキャリアを築くのは難しいかもしれません。まずは、文章力を高めるための努力が必要です。

 

ノマドニア編集部
文章力は、努力次第で必ず伸びるものです。あきらめずに、日々の練習を積み重ねていきましょう!

締め切りを守れない人

Webライターの仕事では、締め切りを守ることが非常に重要です。クライアントとの約束を守り、期日までに質の高い記事を納品することが求められます。

しかし、締め切りを守るのが苦手な人は、Webライターとして成功するのは難しいでしょう。

 

納期を守れないことで、クライアントからの信頼を失ってしまうからです。締め切りを守れない人は、時間管理能力を高めるための努力が必要不可欠です。

スケジュール管理を徹底し、計画的に記事を書く習慣をつけてください。

 

ノマドニア編集部
締め切りを守ることは、プロのWebライターとしての基本中の基本。自分なりの時間管理術を身につけ、信頼される存在を目指しましょう。

リサーチが苦手な人

Webライターの仕事では、記事を書くためのリサーチが欠かせません。信頼性の高い情報を効率的に収集し、記事に反映させる能力が求められます。

しかし、リサーチが苦手な人は、Webライターとして苦労するかもしれません。

 

適切な情報を見つけられなかったり、時間ばかりかかってしまったりするからです。リサーチが苦手な人は、情報収集のスキルを磨くことが大切です。

 

検索エンジンの使い方を学んだり、信頼できる情報源を見極める力を身につけたりしましょう。効率的なリサーチ方法を習得することで、Webライターとしての成長につなげることができるはずです。

 

ノマドニア編集部
情報収集のプロを目指して、スキルアップに励みましょう!

SEOの知識がない人

現代のWebライティングでは、SEO(検索エンジン最適化)の知識が不可欠です。検索エンジンに最適化された記事を書くことで、より多くの読者にリーチすることができるからです。

 

しかし、SEOの知識がない人は、Webライターとして不利になってしまうかもしれません。SEOを意識せずに記事を書いても、読者に見つけてもらえない可能性が高いのです。

SEOの知識がない人は、まずはSEOの基礎を学ぶことから始めましょう。

 

キーワード選定や見出しの設定など、SEOライティングのコツを少しずつ身につけていくことが重要です。SEOの知識を深めることで、Webライターとしての競争力を高めることができるはずです。

 

ノマドニア編集部
SEOの知識は、Webライターにとって必須のスキル。基礎から着実に学び、記事の価値を高めていきましょう。

Webライターに向いていない人が取るべき対処法

Webライターに向いていないと感じる人は、どのように対処すべきでしょうか。ここでは、Webライターを続けるための具体的な方法について解説します。

自分に合った対処法を見つけて、積極的に実践していきましょう。

文章力を高めるための努力を怠らない

文章力は、Webライターにとって最も重要なスキルの一つです。文章を書くことが苦手だと感じる人は、文章力を高めるための努力を怠らないことが大切です。

まずは、優れた文章を数多く読むことから始めましょう。

 

良質なWebメディアやブログ、書籍などを読み込み、文章の書き方やテクニックを学ぶのです。また、実際に文章を書く練習を積むことも重要です。

 

自分で課題を設定し、定期的にライティングの練習を行いましょう。文章を書く機会を増やすことで、着実に文章力を向上させることができるはずです。

 

ノマドニア編集部
文章力は、一朝一夕には身につきません。日々の地道な努力の積み重ねが、確実な成長につながります。

時間管理のスキルを身につける

締め切りを守るのが苦手な人は、時間管理のスキルを身につけることが重要です。スケジュール管理を徹底し、計画的に記事を書く習慣を身につけましょう。

 

具体的には、記事のテーマ決めからリサーチ、執筆、校正までの工程を細かく設定し、それぞれにかける時間を明確にするのです。また、締め切りよりも早めに記事を仕上げる習慣をつけることも大切です。

 

余裕を持って記事を書くことで、質の高い文章を生み出すことができます。時間管理のスキルを磨くことで、Webライターとしての信頼を獲得し、長く活躍し続けることができるでしょう。

リサーチ力を鍛える

リサーチが苦手な人は、情報収集のスキルを磨くことが重要です。信頼できる情報源を選別し、効率的にリサーチを行う方法を身につけましょう。

 

まずは、検索エンジンの使い方を徹底的にマスターすることから始めましょう。適切なキーワードを選定し、欲しい情報にたどり着くテクニックを学ぶのです。

 

また、統計データや専門家の意見など、信頼性の高い情報を見極める力も必要です。リサーチの質を高めることで、説得力のある記事を書くことができるようになります。

日々の努力を怠らず、リサーチ力を鍛え続けることがWebライターとしての成長につながります。

 

ノマドニア編集部
リサーチのプロフェッショナルを目指して、スキルアップに励みましょう!

SEOの基礎知識を身につける

SEOの知識がない人は、まずはSEOの基礎を学ぶことが大切です。検索エンジンの仕組みを理解し、SEOに適した記事の書き方を身につけましょう。

 

具体的には、キーワード選定や見出しの設定、メタタグの最適化などのテクニックを学ぶことが重要です。また、SEOの最新トレンドを常にチェックし、記事に反映させる姿勢も必要不可欠です。

 

SEOの知識を深めることで、検索エンジンに評価される記事を書けるようなります。SEOの学習は一朝一夕では完了しませんが、継続的に知識を吸収していくことがWebライターとしての成長につながります。

 

Webライターに向いていないサインを見逃さない

Webライターを目指す人の中には、無理にライターの仕事を続けようとする人もいるかもしれません。しかし、自分に合わない仕事を無理に続けても、良い結果につながる可能性は低いでしょう。

 

Webライターに向いていないサインを見逃さず、早めに対処することが重要です。ここでは、Webライターに向いていない可能性が高いサインについて解説します。

当てはまる点がないか、しっかりと自己分析してみましょう。

 

ライターとしての成長を感じられない

Webライターとして活躍するためには、常に成長し続ける姿勢が欠かせません。記事の品質を高め、ライティングスキルを磨き、新しい知識を吸収することで、プロフェッショナルへと近づくことができるからです。

 

しかし、努力を重ねてもライターとしての成長を感じられない人は、向いていない可能性があります。自分の書いた記事に手応えを感じられない、クライアントから高評価を得られないなど、成長の実感が持てない状態が続くようであれば、Webライターとしての適性を疑った方が良いかもしれません。

 

成長を実感できないままWebライターを続けても、モチベーションを維持するのは難しいでしょう。

 

ライターの仕事に魅力を感じない

Webライターとして長く活躍するためには、ライターの仕事に対する情熱と魅力を感じ続けることが重要です。記事を書くことにやりがいを感じ、読者に価値を提供できることに喜びを感じられる人は、Webライターに向いていると言えるでしょう。

 

一方で、ただお金のために記事を書いている、ライターの仕事に魅力を感じないなど、ネガティブな感情を抱いている人は要注意です。仕事に対する情熱がない状態でWebライターを続けても、高いパフォーマンスを発揮するのは難しいでしょう。

 

ライターの仕事に魅力を感じられないのであれば、自分に合った別の道を探してみることをおすすめします。

 

ノマドニア編集部
情熱を注ぎ込める仕事を選びましょう!

Webライター以外の道を模索することも大切

Webライターに向いていないと感じるなら、無理に続けるよりも別の道を探ることも一つの選択肢です。自分の強みを活かせる仕事、心から情熱を注げる仕事を見つけることが何よりも大切だからです。

 

Webライター以外にも、あなたの可能性を発揮できる道はたくさんあるはずです。ライターとしてのスキルを活かして、編集者や校正者として活躍する道もあるでしょう。

 

あるいは、ライティングとは全く異なる分野で、新しい自分の可能性に挑戦してみるのも良いかもしれません。大切なのは、自分の心に正直になり、本当にやりたいことを追求することです。

 

Webライターの道から離れることは、決して逃げでも失敗でもありません。新しい一歩を踏み出す勇気を持つことこそ、あなたの人生を豊かにする第一歩となるはずです。

 

ノマドニア編集部
あなたの可能性は無限大です。自分を信じて、前へ進んでください!

まとめ:自分に合った道を見つけることが何より大切

Webライターに向いていないと感じるなら、無理に続けるよりも早めに別の道を模索することが賢明です。文章を書くことに苦痛を感じる、ライターとしての成長を感じられない、ライターの仕事に魅力を感じないなど、Webライターに向いていないサインを見逃さないようにしましょう。

 

自分に合わない仕事を続けても、充実感や達成感を得ることは難しいでしょう。大切なのは、自分の強みを活かせる仕事、心から情熱を注げる仕事を見つけることです。

 

Webライター以外の道にも、あなたの可能性を発揮できるチャンスがたくさん転がっています。自分の心に正直になり、本当にやりたいことを追求する勇気を持つことが何より大切です。

 

Webライター以外に自分にあったスキルを見つけたい方は、ノマドニアへの参加を検討してみてください。ノマドニアは1ヶ月で10の職種を体験する、いま話題の海外ノマド体験プログラムです。

日テレ「笑ってコラえて2時間SP」でも紹介され、全国の書店に並ぶ「海外ノマド入門」も多くのメンバーが掲載されています。また、ノマドニアは日本最大級のノマドフリーランスコミュニティでもあり、数百人にのぼる卒業生が世界各地で自由な働き方を実現しています。

詳しくは以下の公式サイトをご覧ください。

1ヶ月で10職種を体験する海外ワークショップ「ノマドニア」

ノマドニアは世界6都市で開催している海外ノマド体験です。1ヶ月で10種類のノマド向け職業を経験することで、想像ではなく手…

 

スキルと仕事を組み合わせて「何者か」になるスラッシュワーカーズ

slash-workers

自由に自分らしく働くためには「スペシャリストになるしかない」と思っていませんか?それは間違いです。会社の寿命が短く、人間の寿命が長くなる中、1つの仕事だけで人生を支えることは難しくなりました。

これからは好奇心旺盛で飽きっぽく、器用貧乏でゼネラリストが必要とされる時代です。複数の職種を同時並行するスラッシュワーカーが増えています。

仕事の数が多いことはコロナ禍のような危機に強く、嫌になったら辞められる自由が手に入ります。これからの働き方を先取りしてみませんか?