フリーランスに名刺は必要?記載するべき情報と4つの名刺作成方法を紹介

フリーランス 名刺

「フリーランスは、名刺が必要?不必要?」このようなに悩んでいる方も多くいらっしゃるかと思います。結論、フリーランスの方でも名刺は必要です。

 

本記事では、フリーランスに名刺が必要な理由や、名刺に記載するべき7つの情報、名刺作成方法について解説します。これからフリーランスを始める方や、名刺を作るか迷っている方は、ぜひ参考にしてください。

 

ノマドニア編集部
こちらの記事はノマドニア編集部よりお届けします!

 

フリーランスに名刺が必要な理由

フリーランス 名刺 必要な理由

最近ではSNSやメールでのコミュニケーションがメインとなり、名刺を渡す機会が減ってきています。そのため、名刺の必要性に疑問を感じる方がいるかもしれません。

しかし、フリーランスとして活動していくために、名刺の活用は不可欠です。以下で、フリーランスに名刺が必要な理由を3つ解説します。

 

ビジネスマナーとして必要

ビジネスマナーとして、名刺の交換は一般的であり、名刺を持っていないと相手にマイナスな印象を与える可能性があります。企業に所属していないフリーランスにとっては、顧客からの信用を得ることが課題の1つです。

名刺を持つことで、信頼性を示すことができ、クライアントやビジネスパートナーとの関係構築に役立ちます。名刺は自分をアピールするツールとして、フリーランスには欠かせないアイテムです。

 

自己紹介代わりになる

名刺は自己紹介代わりとなり、基本的な情報が記載されているため、自己紹介の時間を短縮し、迅速に商談に移行できます。また、名刺には連絡先や職業などの重要な情報が含まれているため、後のフォローアップもスムーズにできるでしょう。

名刺は時間を有効活用し、効果的にビジネスを進めるための重要なアイテムです。

 

仕事獲得につながる

名刺を渡すことによって、仕事獲得につながることがあります。名刺交換の場ですぐに仕事に繋がらなくても、名刺は手元に残るため、相手が仕事を依頼したいときに自分を思い出してもらえるからです。

 

また、名刺を渡した人が他の人に自分を紹介してくれる可能性もあります。名刺は直接的な仕事獲得だけでなく、将来的なビジネスチャンスに繋げるためにも大切です。

 

フリーランスの名刺に記載するべき7つの情報

フリーランス 名刺 記載するべき7つの情報

フリーランスとして名刺を作成する際にどんな情報を記載すべきなのか知りたい方もいらっしゃるでしょう。以下では、フリーランスの名刺に記載するべき7つの情報を解説します。

 

氏名

フリーランスであっても氏名は本名で記載するようにしましょう。もし、SNSなどでの活動名がある場合は、本名の名刺の他にSNSの活動名の名刺を作成しても良いです。

また、一目で名前を認識してもらい、呼んでもらうために、氏名のふりがなや氏名のローマ字を記載するようにしましょう。

 

職種

名刺に職種や可能な業務内容を記載することで、相手がどのような仕事を依頼できるかイメージしやすくなります。たとえば、「Webデザイナー」だけでなく、「Webデザイナー:サイト制作・ロゴデザイン・バナー制作」などと詳細に書くことで、受託できる仕事の範囲を明確に伝えられます。

 

また「アパレル業界に強いWebデザイナー」「LP制作専門のデザイナー」など専門分野が理解できるように工夫することで、他のフリーランスWebデザイナーと差別化することも可能です。これにより、クライアントがスキルをより理解しやすくなり、仕事の依頼をしやすくなります。

 

屋号やロゴ

名刺に屋号やロゴを記載することも重要です。屋号やロゴがあることで、信頼感を与え、自分のことを印象づけられるでしょう。

名刺に屋号やロゴを含めることで、自身のブランディングイメージを強化し、ビジネスチャンスを広げることができるので、ロゴを作成してみることをおすすめします。

 

連絡先

仕事の依頼を受けられるように連絡先を見やすく明記することも重要です。メールアドレスや電話番号は誤字脱字がないように注意し、正確に記載しましょう。

メールアドレスは意味のない文字列ではなく、事業内容や屋号に関係するものに設定することで、迷惑メールと間違われるリスクを減らせます。また、プライベートの連絡先ではなく、仕事用の連絡先のみを記載するようにしましょう。

 

住所

名刺に仕事場やオフィスの住所を記載することで、相手から信頼を高められます。なぜなら、住所が明記されていない、身元が分からないフリーランスとは仕事をしづらいと感じる顧客や企業もいるためです。

また、取引先やビジネスパートナーから書類を郵送されることもあるため、住所の記載は重要です。自宅がオフィスの場合は、個人情報になってしまうので、記載するかは自分の判断で決めるようにしましょう。

 

SNSアカウント

仕事用のSNSアカウントがあれば、記載するようにしましょう。QRコードも載せておくことをおすすめします

SNSを交換し、自分の仕事や活動を積極的に発信することで人間性を見てもらえたり、仕事のアピールをしたりできます。また、相手の活動や仕事も把握でき、仕事の募集や依頼に対してスムーズに対応できるでしょう。

 

WebサイトのURLやQR

事業内容や経歴、実績がわかるWebサイトのURLやQRコードを記載することも重要です。これにより、相手は詳細な情報を簡単にアクセスでき、実績や経歴に応じて仕事を依頼しやすくなります。

また、Webサイトを通じて自身の実績やスキルをアピールすることで、新しい領域の仕事をするきっかけになることがあります。

 

フリーランスが名刺作成する際の3つのポイント

フリーランス 名刺作成 3つのポイント

会社員であれば、基本的に名刺は会社から支給されますが、フリーランスは自分で準備しなければなりません。以下では、フリーランスが名刺作成する際のポイントをご紹介します。

 

名刺のサイズは55×91mm

ポイントの1つ目は、名刺のサイズを55×91mmにすることです。日本の名刺の一般的なサイズであり、相手の名刺入れに保管されやすいサイズとなっています。

上記のサイズにすることで、持ち運びがラクになり、常に持ち運べるので来たるビジネスチャンスを掴むやすくなります。

 

デザインにこだわる

ポイントの2つ目は、デザインにこだわることです。ユニークなデザインは覚えやすく、自分のイメージを強く相手に残せます。

また、デザインの意図を明確にすることで、自分のビジネスやブランド、理念などを効果的に伝えられます。特にデザイナーであれば、名刺を活用して自分のデザインスキルをアピールすることが可能です。

 

台紙の材質や色

3つ目のポイントは、台紙の材質や色です。材質は紙や合成紙、プラスチックなどがありますが、紙が一般的で手頃な価格で使いやすいです。

色はブラックやホワイトがシンプルで使いやすいですが、ブランドイメージに合わせてカラフルな色を選択しても良いでしょう。

 

フリーランスの名刺作成方法4選

フリーランス 名刺作成方法 4選

具体的に名刺を作成する方法を4つ紹介します。

 

自分で名刺作成をする

ツールやサービスを使用して自分で名刺を作成する方法があります。手間はかかりますが、お金をかけずに、自分のデザインスキルをアピールすることがメリットです。

以下は、自分で名刺を作成できるツールです。

 

  • Canva
  • BiziCard
  • Design MAKER
  • スタプリ名刺
  • ラベル屋さん
  • らくちんプリント3.0

 

テンプレートやカスタマイズ機能を活用して、自分のブランドイメージに合った名刺を作りましょう。

 

知人や友人に依頼する

知人や友人に名刺の作成を依頼するメリットは、遠慮なく自分の意向を伝えやすいことです。昔からの関係性であなたの好みやビジネスのイメージを理解しており、スムーズにデザインを進められる可能性が高いです。

 

信頼関係があるため、細かいニーズにも柔軟に対応してくれるでしょう。また、コスト面でも通常よりもお得に作成できる場合があります。

知人や友人に依頼することで、自分らしい名刺を手に入れることができます。

 

業者に依頼する

業者に依頼することで、名刺のデザインから印刷まで一括して作成してくれるでしょう。印刷会社などの専門業者に依頼することで、手間をかけずに品質の高い仕上がりの名刺を得られます。

名刺作成の相場費用は、デザインや印刷の品質、枚数によって異なりますが、両面印刷の平均的な相場は、100枚で3,000円程です。

 

クラウドソーシングで依頼する

クラウドワークスやランサーズ、ココナラなどのクラウドソーシングで名刺作成を依頼できます。手頃な価格で作成できるメリットがありますが、作成者のスキルや人柄が判断しづらいというデメリットもあります。

 

依頼する際は、ポートフォリオやレビューを確認し、信頼できる作成者を選ぶことが重要です。

 

フリーランスの名刺を作る時のおすすめアイディア

せっかく作るなら他のフリーランスと差別化したいと考える方もいらっしゃるでしょう。名刺は仕事をする上で自分の顔となり、営業ツールとなる大切なアイテムです。

以下では、名刺を作るときのおすすめアイディアを4つご紹介します。

 

Webサイトと同じデザインにする

フリーランスの名刺を作成する際は、Webサイトと似たデザインにする方法もあります。一貫したデザインは、より相手に自分を印象づけられるでしょう。

 

自分で名刺を作る場合は、フォントや色を統一するのがポイントです。デザイナーに頼む場合は、個人Webサイトを参考にして好みを伝えましょう。

上記により、名刺とWebサイトが一体感を持ち、ビジネス上の信頼性が高まります。

 

ロゴを作成し、視覚的に印象を与える

ビジネス用のロゴを作成し、名刺に記載することでブランドイメージを視覚的に印象づけることが可能です。ロゴは独自性を表現し、ブランディングを強化します。

作成方法はデザイナーに相談するか、オンラインのデザインツールの利用をおすすめします。ロゴを名刺に記載するデメリットとしては、印刷コストが上がることや、名刺のデザインが複雑になることです。

 

ロゴを記載することも名刺作成のアイディアの1つなので、無理に記載する必要はありませんが検討してみましょう。

 

テンプレートを活用する

名刺を自分で作成する際は、Canvaなどのツール内のテンプレートを使用すると効率的です。テンプレートを利用することで、時間を節約しつつ素早く名刺を仕上げられます。

ただし、他のフリーランスとの差別化を図るために、テンプレートをそのまま使用するのではなく、独自の工夫を加えることが大切です。

 

オンライン名刺

オンライン名刺は、デジタル形式の名刺であり、情報をスマートフォンやウェブページなどで簡単に共有できます。メリットとしては、環境に配慮し、費用や手間を削減できる点が挙げられます。

また、更新や修正が容易であり、多彩なデザインや機能も利用可能です。一方、相手がオンライン環境にアクセスできない場合や印象が薄いと感じる人もいます。

 

フリーランスの方は、名刺とオンライン名刺をうまく使い分けて使用することをおすすめします。

 

フリーランスも名刺を作成して、ビジネスチャンスを広げよう!

本記事では、フリーランスに名刺が必要な理由や、名刺に記載するべき7つの情報、名刺作成方法について解説しました。名刺を作成することで、フリーランスとして仕事を獲得できる確率が上がるでしょう。

世界で1つだけの名刺を作成してビジネスチャンスを広げていきましょう。

 

まだ名刺を持つほど、フリーランススキルがないかもしれないという方には、ノマドニアがおすすめ。ノマドニアは1ヶ月で10の職種を体験する、いま話題の海外ノマド体験プログラムです。

日テレ「笑ってコラえて2時間SP」でも紹介され、全国の書店に並ぶ「海外ノマド入門」も多くのメンバーが掲載されています。また、ノマドニアは日本最大級のノマドフリーランスコミュニティでもあり、数百人にのぼる卒業生が世界各地で自由な働き方を実現しています。

詳しくは以下の公式サイトをご覧ください。

1ヶ月で10職種を体験する海外ワークショップ「ノマドニア」

ノマドニアは世界6都市で開催している海外ノマド体験です。1ヶ月で10種類のノマド向け職業を経験することで、想像ではなく手…

スキルと仕事を組み合わせて「何者か」になるスラッシュワーカーズ

slash-workers

自由に自分らしく働くためには「スペシャリストになるしかない」と思っていませんか?それは間違いです。会社の寿命が短く、人間の寿命が長くなる中、1つの仕事だけで人生を支えることは難しくなりました。

これからは好奇心旺盛で飽きっぽく、器用貧乏でゼネラリストが必要とされる時代です。複数の職種を同時並行するスラッシュワーカーが増えています。

仕事の数が多いことはコロナ禍のような危機に強く、嫌になったら辞められる自由が手に入ります。これからの働き方を先取りしてみませんか?