2020年はどんな年になるのだろうか...!!
カリブ海クルーズ21日間の費用を総額で公開

カリブ海クルーズ22日間の費用を総額で公開【クリスマス・年末年始シーズン】

クルーズ船で旅行してみたい!でも、お金がどのくらいかかるかよく分からない。という人に向けて、僕がカリブ海クルーズの22日間で使った費用を公開します。

なお、クルーズ船が手配するカリブ諸国でのアクティビティは含まれていますが、上陸後のランチやお土産、カフェ代などは個人の旅行スタイルによるところが大きいので、本記事では割愛しています。

 

乗船したクルーズ船

コーニングスダム

クルーズ会社ホーランド・アメリカ(Holland America)
船名コーニングスダム(ms Koningsdam)
就航2016年4月
乗客定員2,650名
全長297メートル
全幅35メートル

今回の旅で乗船しているクルーズ船はこちらの「コーニングスダム」。2016年に就航した新しい船です。実は、近い日程でカリブ海へ向かうクルーズ船がもう一隻ありましたが、値段と新しさの点で「コーニングスダム」を選びました。

 

カリブ海クルーズ22日間の行程

  • 12/22:マイアミのフォートローダーデールを出航(Fort lauderdale. FL)
  • 12/23:海上(At Sea, Atlantic Ocean)
  • 12/24:海上(At Sea, Caribbean Sea)
  • 12/25:セントマーチン(Phillipsburg, Saint Maarten)
  • 12/26:マルティニーク(Fort-de-France, Martinique)
  • 12/27:バルバドス(Bridgetown, Barbados)
  • 12/28:セントビンセント及びグレナディーン諸島
  • 12/29:ドミニカ(Roseau, Dominica)
  • 12/30:バージン諸島(Charlotte Amalie, St. Thomas, Virgin islands, U.S.)
  • 12/31:海上
  • 1/1:バハマ(Half Moon Cay, Bahamas)
  • 1/2:フォートローダーデールに一時帰港(Fort Lauderdale. FL)
  • 1/3:バハマ(Half Moon Cay, Bahamas)
  • 1/4:タークス・カイコス諸島(Grand Turk, Turks and Caicos Islands)
  • 1/5:ドミニカ共和国(Amber Cove, Dominican Republic)
  • 1/6:海上
  • 1/7:ボナーレ島(Kralendijk, Bonaire)
  • 1/8:キュラソー(Willemstad, Curacao)
  • 1/9:アルバ(Oranjestad, Aruba)
  • 1/10:海上
  • 1/11:海上
  • 1/12:フォートローダーデールに帰港(Fort Lauderdale. FL)

カリブ海クルーズの行程は上記になります。特徴的なのは、1/2にマイアミのフォートローダーデールに帰港ことです。22日間のカリブ海クルーズといっても、11日間のクルーズを2つ合わせたものなので、このような行程になっています。

それでは、続いて本題のカリブ海クルーズ22日間でかかった費用を紹介します。

 

日本からクルーズの発着港(フロリダ)までの航空券

クルーズ船に乗るためには、日本から発着港であるフロリダのフォートローダーデールまで飛行機で向かいました。航空券の費用は10万円ほどです。

 

クルーズの乗船前後の宿泊代

クルーズも含めた旅程によりますが、日本からマイアミだと直行便は少なく、経由して15時間〜20時間ほどかかります。乗船前にシャンプーやリンスなどの購入も必要だったので、乗船日の前々日には現地入り。

結果としてクルーズ乗船前に宿泊代が2万円ほどかかりました。

 

パーティーディナーに必要だったフォーマルスーツ

21日間のクルーズ旅行中に4回予定されているパーティーディナーに必要なフォーマルスーツを購入しました。普段は私服で働いているため、数年前に買ったクタクタのスーツしか持っておらず、スーツ本体やネクタイ、チーフ、靴などを一通り揃えたら総額で8万円ほどかかりました。

 

クルーズ乗船費用(部屋代・食事代込み)

本命のクルーズの乗船費用は日本円で25万円ほど。21日間の部屋代と1日3食の食事代込みなので、かなりお得です。

なお、セットの食事ではなく特別なレストランで食事をとるには別料金がかかりますが、通常の食事メニューも毎日代わるビュッフェ形式で、ビュッフェの数も高級ホテル以上なので、スペシャルディナーを食べなくても満足度は高いです。

 

デイリーチャージ

乗船費用の他に、1日1500円ほどのデイリーチャージがかかります。21日間で合計3万円ほどです。

デイリーチャージは部屋についてくれる執事やスタッフの方に向けて支払われる費用で、自動的に加算されます。クルーズ船のサイトにはハッキリと書かれておらず、詳細なルールブックにちょこっと記載されている程度なので、要注意なポイントです。

 

カリブ諸国でのアクティビティ

Excursionと呼ばれる、カリブ諸国上陸後のアクティビティもクルーズ船内、またはクルーズ船のポータルサイトを経由して予約できます。国によってアクティビティの内容は異なりますが、シュノーケルやスキューバダイビングなどの海のアクティビティが主流ですね、カリブなので。

僕はバハマのビーチでの乗馬体験のみを申し込んで、金額は約1万円でした。

 

スペシャルディナー

クリスマスイブやニューイヤーズ・イブにはスペシャルディナーが用意されていて、Excursionと同じくクルーズ船内、またはクルーズ船のポータルサイトを経由して予約できます。

スペシャルディナーという名前の割に値段は手頃で、1回7000円から8000円程度です。お酒を飲めばもっと高くなるかもしれませんが、僕はお酒飲めないので。クリスマスイブやニューイヤーズ・イブのディナーで合計1.5万円でした。

 

クルーズ船内でのインターネット

クルーズ船内では衛星通信を使ったインターネットを利用可能です。1日のみ利用、全期間での利用など、利用期間によって値段が異なりますが、事前申し込みで半額になって21日間で2.5万円でした。

事前申し込みで半額、ここ大事です。

 

クルーズ船内でのクリーニング費用

クルーズ船内ではクリーニングのサービスがあり、乗船中はクリーニング使い放題のプランで1.5万円ほどでした。

 

カリブ海クルーズ22日間の合計費用は55万円

日本からクルーズの発着港(フロリダ)までの航空券10万円
クルーズの乗船前後の宿泊代2万円
パーティーディナーに必要だったフォーマルスーツ8万円
クルーズ乗船費用(部屋代・食事代込み)25万円
デイリーチャージ3万円
カリブ諸国でのアクティビティ1万円
スペシャルディナー1.5万円
クルーズ船内でのインターネット2.5万円
クルーズ船内でのクリーニング費用1.5万円
合計費用54.5万円

これまでの費用をすべて合計すると、カリブ海クルーズ21日間の合計費用は55万円です。慣れているバックパッカー旅行と比べると高い費用でしたが、部屋付き、食事付き、移動付きのクルーズ旅行はとにかく楽です。

乗船者は家族連れやお年寄りの夫妻が多く、カップルや若者のみのグループ乗船は珍しいのも、とにかく楽なクルーズ旅行を表しています。自分で移動しなくて良いのは本当に気が楽ですね。

 

また、カリブ諸国は意外と島々が船で繋がっていなくて(住民が使っている定期船は本数が少ない)、結果的に島間をちょこちょことフライトすることになるので、それと比べたら大いに節約になりました。

 

カリブ海クルーズ21日間の費用を総額で公開 | まとめ

本記事では、クリスマス・年末年始シーズンのカリブ海クルーズ22日間の費用総額を公開しました。22日間のクルーズの総額は54.5万円。フォーマルデイに対応するために購入したスーツはすでに持っている人なら不要ですし、クルーズ船内で利用したクリーニング、WiFiなどはオプションです。

アクティビティ・スペシャルディナーなどの追加費用を払わなくても、カリブ諸国の観光や船内での食事は十分に充実しているので、諸々をすべて差し引くと、22日間のカリブ海クルーズに参加するための最低料金は航空券+クルーズ費用+デイリーフィーで38万円でした。

クルーズ旅行、コスパ最高!ってほどではありませんが、心理的な疲労を考えたらかなり良い選択肢になりました。