営業が苦手な僕が個人収入で月収100万円になるまでにやったこと

「営業しない営業」で個人収入が月収100万円になるまでの推移

世界一周や起業などの派手な経歴だと「さぞや、営業が得意なんでしょう?」と言われますが、営業どころか美容院の予約に電話をするのも苦手なぐらいです。

ただ、営業から逃げても収入は増えないので、何とかして営業を少なくする方法を模索し続けたら、月収100万円に到達しました。筆者は本業と並行して活動していたので、3年かかりましたが、フリーランスなら1年あれば「営業しない営業」で月収100万円は可能です。

それでは本題です。

 

やったことを箇条書きでまとめ

時間がない方は、こちらの箇条書きだけでも読んでいってください。

  • 初めての個人収入はブログ
  • 書籍や勉強会には常に投資
  • 非営利でイベントやコミュニティ運営
  • 本業と同じ領域でコンサルティング
  • 学んだことをスキルアップ講座で伝える
  • ブログを毎日更新して、コンテンツを貯める
  • 個人月収50万円で独立

 

営業手法の確率

タイトルの「営業しない営業」としては、非営利のイベント開催やコミュニティ運営がとても効果的でした。「フリーランスが100%営業なしで案件を受注するための3つの秘策」で紹介した、コミュニティの中で相談される人になるですね。

 

商品作り

メインとなる商品はWebマーケティングのコンサルティングスキルアップ講座の2種類です。どちらも本業と副業で学んだことをベースにしているので、商品設計のために勉強したことはありません。

ここ、ポイントです。

 

個人収入が本業を超えた段階で独立

個人収入が本業での収入を大きく超えた時点で独立して、フリーランスになりました。独立後は、時間のすべてを個人事業に投入でき、月収50万円→100万円と伸びました。

本業を超えていれば、収入面でのリスクはなくなるので、筆者のように心配症の方は時間がかかっても、本業と並行して少しずつ個人の仕事を伸ばすことをオススメします。精神的に健康です。

 

ブランディングは初期からしてました

できる限り、営業をせずに仕事を取るために、強みを作ったりセルフブランディングを進めることは、収入ができる前から取り組んでいました。

» 参考:自分のブランドを作って「何者か」になる最もシンプルな方法
» 参考:控えめな人が知るべき「セルフブランディング」に含まれる2つの価値

 

ブランドは少しずつしか成長しないので、具体的な案件が進む前にブランド作りの習慣を作っておくと、あとで楽できます。例えば、筆者なら、いまご覧の個人サイトの更新がブランド作りでした。

むしろ、仕事がない頃は、ほぼずっと記事書いてたような。

 

個人月収0円の頃

  • 本業にコミット
  • ブログを細々と運営
  • 読書や勉強会に投資

さて、ようやく具体的に当時取り組んでいたことを振り返ります。個人月収がまったくなかった頃は、週7日で本業(起業した会社のWebメディア運営)をしてました。

自分で起業した会社なのに、自分の給与を上げることが4年間できなくて「自分の収入を増やすなら、自分で仕事した方が早いかも」って気づいたのが、個人事業をはじめたきっかけです。

 

まず、最初にやったことはブログの再開。

» 参考:1年間、毎日ブログを更新した結果。自分を変えたくて

あとは、読書や勉強会でのインプットです。振り返ってみると、インプット→アウトプットの流れを早い段階に構築できたのは、ラッキーでした。

 

個人月収5,000円

  • ブログからちょっと収益
  • クラウドソーシングやってみる

ブログを継続していたら、Adsenseとアフィリエイトで、月5000円ほどの収益になりました。クラウドソーシングを勉強がてら、ちょっとやっていた頃です。

» 参考:クラウドソーシングで騙されずに、優良案件を受注する手順

 

個人月収15,000円

  • ブログの収益が伸びる
  • イベントの出演料をもらえるようになる

少しブログ収益が伸びました。といっても、1記事3時間で毎日更新だと、月間90時間はかかったいたので、時給は100円ぐらい。しかし、営業にはブログが絶対に役に立つはずだ!と確信していたので、コツコツと続けていました。

結果として、判断は正しかったことが、1年以上経って証明されます。

» 参考:営業のために城を築くなら、noteよりWordPress

 

個人月収50,000円

  • ラジオのパーソナリティーが決定、現在まで継続

月1のFMラジオパーソナリティーの仕事が決まって、夢が1つ叶った瞬間。現在でもまだ続いていて、会いたい人と話すことができる素敵な場所になりました。

 

個人月収100,000円

  • Webマーケのコンサルティングがスタート

徐々に毎日ブログ更新にも慣れ、本業で学んだことで友人の会社を手伝い始めました。今でこそ「Webマーケティングのコンサルをしてます」なんて言ってますが、まずはお手伝いから、でした。

» 参考:Webマーケティング・Webメディアコンサルの依頼について

 

個人月収300,000円

  • コンサルの募集を開始
  • Webマーケのコンサルを新規で1件スタート

コンサルが好評でとても喜んでもらえたので、もっと需要あるかな?と感じて、Facebookでコンサルの募集を開始したら、すぐに1件決まりました。これまでの本業での努力が認められた気がして、うれしかったです。

» 参考:仕事がないフリーランスはFacebookの使い方が不十分【決裁者はFacebookにいる】

 

個人月収500,000円

  • 本業を退職して独立
  • スキルアップ講座をスタート

いよいよ、個人での仕事の収入が本職を超えました。ちょうど、TABIPPOでも担当していたサイトがリニューアルしたので、編集長を退任して、独立しました。

そして、以前からやってみたかったスキルアップ講座を本格的にスタート。第一弾はトラベルライター養成講座、でした。

» 参考:前田塁が主催のスキルアップ講座まとめ【1人10職で生きていく】

 

個人月収750,000円

  • 動画編集を開始

以前から興味があった動画編集を学んで、YouTubeディレクター、動画編集者としての仕事をはじめました。5Gやコロナの影響で、動画マーケティングへの需要が高まっていたタイミングに参入できたので、幸運でした。

» 参考:「趣味」の動画編集から「稼ぐ」動画編集にレベルアップする機材とスキル

 

個人月収1,000,000円

  • 動画編集の継続
  • 3社目のコンサル
  • スキルアップ講座の拡張

動画作成、Webマーケコンサル、スキルアップ講座の3つ伸ばし続けて、月収100万円に到達しました。2020年はコロナで海外旅行がすべてキャンセルになったことも、大きかったです。

例年だと、日本と海外の滞在が半々ぐらいですが、今年はぜんぶ仕事に使えますね。ありがたいけど、悲しい。

 

個人月収3,000,000円を目指して

  • 協会ビジネス
  • サイトリニューアル
  • 有料コンテンツの作成

月収100万円を達成できたので、次は月収300万円を目指して、ご覧いただいているサイトのリニューアル、協会ビジネスの開始、有料コンテンツの作成などを進めています。

有料コンテンツはnote「ルイス前田の資料室」にて1つ目のコンテンツ「世界を旅できる61の仕事まとめ」を販売し、合計6万円ほど売れているので、好調な出だしです。

 

個人で月収100万円になるまでにやったこと | まとめ

記事は以上です。今回は本筋ではないので、割愛しましたがそもそもの職業選択はスラッシュキャリアという考え方で、1人10職を採用しています。

また、僕の経験談をノウハウとして「リスクを減らして年収1000万円を稼ぐまでのロードマップ」にまとめたので、年収1000万円までの手順を知りたい方はご覧ください。

Adobe CCを
学生料金で契約できます
Premiere Rushの使い方。Premiere Proより圧倒的に簡単です

Adobe Creative Cloudにいくら払ってますか?月額5,000円以上払っているなら、購入方法を変更することで月額3,000円の学生料金にコストダウンできます。

年間だと32,000円の節約です。新しい機材やガジェットが買える金額ですね。

もちろん、合法です。ズルは一切ありません。