明けましておめでとうございます
ビギナー向け!Webマーケティングを攻略する

ビギナー向け!Webマーケティングを攻略する

Webマーケティングを攻略します。ビギナー向けにまとめたので、シンプルにまとめましたが知識量としては十分です。Webマーケティングで結果を出すためには、9つの単語と3つの計算式を使って、ユーザー分析→施策実行→データ解析を繰り返すのが基本です。

 

Webマーケティングで絶対に覚えるべき9つの単語

  • impression(インプレッション)
  • Click(クリック)
  • CTR(Click Through Rate・シーティーアール)
  • CV(ConVersion・コンバージョン)
  • CVR(ConVersion Rate・シーブイアール)
  • LTV(Life Time Value・エルティーブイ)
  • KGI(Key Goal Indicator・ケージーアイ)
  • KSF(Key Success Factor・ケーエスエフ)
  • KPI(Key Performance Indicator・ケーピーアイ)

Webマーケティングを攻略するためには、上記の9つの単語と意味は必ず覚えてください。マーケティングの本場はアメリカなため、日本で使われているマーケティング用語は英語が中心ですが、意味は簡単です。

本来はインターネット広告で用いられる言葉でしたが、現在は広くWebマーケティングで使われるようになりましたね。

 

  • impression:コンテンツ(記事やバナー)の表示回数のこと。略称imp(インプ)
  • Click:impressionしたコンテンツがクリックされること
  • CTR:impressionしたコンテンツがクリックされる割合(CTR = imp / click)
  • CV:コンテンツの目標地点のこと。購入や問い合わせ、資料請求などが一般的
  • CVR:コンテンツを経由してコンバージョンする割合(CVR = CV / click)
  • LTV:ユーザー1人当たりの生涯売り上げ(LTV = 購入単価×購入回数×継続率)
  • KGI:ゴールを定量的に示した指標。ビジネスの場合は売上か利益がほとんど
  • KSF:KGIを達成するための要因
  • KPI:KGIを達成するための定量的な指標

以上です。それぞれの単語が組み合わされて説明がなされるので、1つ1つ理解していきましょう。Web系広告代理店に入社したら、初日の研修で単語を覚えます。

関連記事

Web業界への転職を考えている人:未経験ですが、Web業界への転職を考えています。ただ、英語や難しい言葉がたくさんあるので、少しでも事前知識をつけてから転職に臨みたいです。知っておくべきインターネット関連の単語や略語があれば教えてください。[…]

インターネット用語・略語36選の解説

 

Webマーケティングで成果を計算する3つの式

Webマーケティングの計算式はこちらの3つしか使いません。

  • CV数:impression × CTR × CVR
  • 売上:impression × CTR × CVR × 購入単価
  • LTV:impression × CTR × CVR × 購入単価 × 購入回数 × 継続率

広告代理店で働くなら、他にもROASやROIなどの計算式を使いますが、初心者は不要です。

 

単語の意味があやふやな人に向けて、日本語でも記載します。

  • 購入数:サイト訪問者数 × クリック率 × 購入率
  • 売上: サイト訪問者数 × クリック率 × 購入率 × 購入単価
  • 総売上:サイト訪問者数 × クリック率 × 購入率 × 購入単価 × 購入回数 × 継続率
関連記事

Web系の広告代理店で叩き込まれた計算式を解説します。広告代理店って、CM作ったりとか、キャンペーンやったりとか、さぞやすごいことやってると思って入社したら、向き合っている数式・数字はとてもシンプルでした。購入数:サイト訪問者数 × ク[…]

売り上げを計算し最大化する式は3つだけ

 

計算式の使い方

基本的にすべてのマーケティングは、売上を増やせばOKです。そして、売上の計算式は、4つの数字で構成されています。

売上:impression × CTR × CVR × 購入単価

そのため、売上を増やすためには、impressionかCTRかCVRか購入単価を上げれば達成です。そして、それぞれの項目に対して、たくさんの方法(施策、と呼ばれることが多い)があります。

 

Webマーケティングの流れ

Webマーケティングは、ユーザー分析→施策実行→データ解析の繰り返しです。もっと簡単にまとめると、

  1. 商品やサービスを購入してくれる人を想像する(ユーザー分析)
  2. 購入してくれそうな人を集める(施策実行)
  3. どんな人が購入してくれたか確認する(データ解析)
  4. 実際に購入してくれた人を元に、次に購入してくれる人を想像する(ユーザー分析)
    (以下、繰り返し)

こうなります。

 

Webマーケティングに限らず、あらゆるマーケティングはこの流れですね。それぞれのポイントでやることをもう少し詳しく解説します。

 

ユーザー分析

現状と理想・課題・問題を整理する

Webマーケティングをスタートする前に、全体の整理を少しだけしましょう。「現状・理想・問題・課題」のフレームワークを使って、どうなればWebマーケが成功したと言えるのか、現状を理想に近づけるための課題を探します。

関連記事

「もっとロジカルに考えなさい」→「ロジカルってなんだよ。賢い人のこと?」という方に向けて、初めてのロジカルシンキングを解説します。本記事ではロジカルシンキングの題材として、「現状・理想・問題・課題」のフレームワークを説明します。[…]

はじめてのロジカルシンキング「現状・理想・問題・課題」を学ぶ

 

ペルソナ設定

ユーザーを分析をするためには、まずは商品を買ってくれるであろう顧客を想像します。適切なペルソナを元にしてマーケティングを考えることで、正しい施策を考えられます。

たまに「自分のお客さんのことは十分に分かっているから、わざわざペルソナにするまでもない」とペルソナ設定を飛ばす人がいますが、勘でマーケティングが成功しても、新商品や新サービスになったら再現できないので、丁寧に進めてください。

関連記事

Webマーケティングの第一歩は想定の顧客であるペルソナを作るところから。商品やサービスを利用していることのこと、分かっているようで分かっていません。特に関係者間では大きく認識の相違が生まれます。ペルソナはマーケティングの拠り所となる[…]

【サンプル公開】ペルソナ作りはマーケティングに必須の技術です

 

カスタマージャーニーを作る

Webに限らず、マーケティング活動は「買ってもらう」だけではありません。顧客が商品や会社を「認知」する、「興味」を持つ、競合と「比較」される、そして「行動」する、という購買行動の流れの中に働きかけることで、マーケティングの成果を最大化します。

この流れを旅に例えて、カスタマージャーニーと呼びます。

関連記事

ホットリンクでマーケターをしているムロヤさん(@rmuroya)が作成したマーケティングスキルマップの網羅性がとても高いので、マップを元にWebマーケティング初心者向けに解説記事を作りました。本記事はユーザー理解、についてです。[…]

Webマーケティング初心者がユーザー理解を学ぶ

 

施策を実行する

集客

ユーザー分析の結果を元に、行動を開始します。まずは、顧客をWebサイトやECサイトに集めましょう。Webマーケティングの場合は11種類の集客方法があります。

 

  1. Organic Search(自然検索)
  2. Paid Search(有料検索)
  3. Social(ソーシャルメディアからの流入)
  4. Referral(サイト外からの流入)
  5. Direct(直接の流入)
  6. Other Advertising(その他の広告)
  7. Email(メールからの流入)
  8. Affiliates (アフェリエイトからの流入)
  9. Display(ディスプレイ広告の流入)
  10. Notset(流入計測不可)
  11. Other (その他)

 

販売している商品や会社の特性によってどの手段を採用するかは変わりますが、予算が少なくて時間をかけてでも、安くWebマーケティングをしたい場合は、自然検索、ソーシャルメディア、リファーラルの3つがメインの集客手段になります。

関連記事

Webマーケティング初心者向けに手法を解説するシリーズです。ムロヤさん(@rmuroya)が作成したマーケティングスキルマップに沿って、ユーザー理解→データ・ドリブン→ユーザー獲得→コンバージョン獲得→リテンション→制作・技術と進みます。[…]

Webマーケティングでユーザーを獲得するための15用語を解説

 

コンバージョン

次に、サイトを訪れた顧客が商品を購入する(コンバージョンする)ように促します。

サイトのデザインや使いやすさ、表示スピードや購入への分かりやすさなど、多くのことがコンバージョンには影響しますが、Webマーケティングの良いところは「購入しなかった理由」が推察しやすいことなので1つ1つ改善すればOKです。

関連記事

Webマーケティング初心者向けに手法を解説するシリーズの第4弾です。ムロヤさん(@rmuroya)が作成したマーケティングスキルマップに沿って、ユーザー理解→データ・ドリブン→ユーザー獲得→コンバージョン最大化→リテンション→制作・技術と進[…]

コンバージョン最大化

 

リテンション

ビジネスで成功したければ、新規の顧客よりも、既存の顧客を大事にすべきです。理由は「新しい顧客を獲得するよりも、既存の顧客にもう一度利用してもらう方が簡単だから」です。

最近だと、SpotifyやAmazonPrimeなどの月額制サービスの普及で継続利用の重要性がよく語られます。

関連記事

Webマーケティング初心者向けにリテンションの実施に必要なスキルと手法を解説します。ムロヤさん(@rmuroya)が作成したマーケティングスキルマップに沿って、ユーザー理解→データ・ドリブン→ユーザー獲得→コンバージョン最大化→リテンション[…]

リテンション

 

データをチェックする

KGI・KSF・KPI設定

施策を実行したら結果がどうだったのかデータをチェックしますが、どのデータを見るか?についてはKGI、KSF、KPIを元に決めます。KGIはビジネスの最終的なゴール、KSFはKGIを達成するための要因、KPIはKSFを定量的・計測可能な形にしたものです。

 

Google Analyticsでデータ解析

一般的なWebサイトやアプリの場合は、Googleが提供しているGoogle Analytics(通称:GA)でデータの計測と解析をします。無料ツールですが、使いこなせれば超高機能なので、大規模なサービスやサイトを運営しない限りはGAだけで十分です。

 

ビギナー向け!Webマーケティングを攻略する | まとめ

ビギナー向けのWebマーケティング攻略方法は以上です。もう少し知りたいという方はマーケティングスキルマップをベースにした勉強か

関連記事

ホットリンクでマーケターをしているムロヤさん(@rmuroya)が作成したマーケティングスキルマップの網羅性がとても高いので、マーケティングの計画や組織をブラッシュアップするときに役立ちます。 マーケティングスキルマッ[…]

マーケティングスキルマップからWebマーケの手法を学ぶ

 

文字をたくさん読むのがしんどければ、漫画形式で学べる「沈黙のWebマーケティング」を読むと勉強になりますね。