自社メディア・競合メディアを分析するチェックリスト

自社メディア・競合メディアを分析するチェックリスト28項目

あなたが担当しているWebメディア、どこがダメか分かりますか?

本記事では、プロがWebメディアの課題を探すときに使うチェックリストを共有します。

 

Webメディアをチェックするときは、PVや滞在時間などの基本的な数字、コンテンツ、セールス、外部流入、サイトのデザインとエンジニアリング、SEOに関する外部施策と内部施策の7つの領域、28項目を見ます。

多いっ!と思うかもしれませんが、すべての記事に目を通すわけではないので、慣れれば10分で完了します。

 

調査や分析に使うツール

自社サイトであれば、Google Analyticsでほぼすべての数値が判明します。競合サイトを分析する場合は、SimilarWebとNeil Patelを使います。どちらも有料ツールですが、無料で使える範囲で十分です。

 

基本数値

  • PV数
  • スマホ/PCの割合
  • 滞在時間
  • 直帰率
  • 1訪問あたりのPV
  • 流入チャネル
  • indexされてるページ数(Google)

SimilarWebを使って、Webメディアの基本的な数字をチェックします。

 

なお、Googleにindexされてるページ数は、Googleの検索ボックスに「site:調べたいWebサイトのドメイン名」を入力します。

site:ruimaeda.com

こんな感じです。

 

indexされてる件数

入力後に表示される件数が、indexされてるページ数です。ご覧のruimaeda.comの場合は、1,450ページがindexされています。

 

コンテンツ

  • 企画
  • タイトル
  • アイキャッチ画像

Webメディアに掲載されている記事の企画とタイトル、アイキャッチ画像を主観的にチェックします。直近の10記事くらい。

 

セールス

  • セールスライティング
  • CTA
  • リンク先のLP

記事内のセールスライティングとCTA、リンクがあればその先のLPが適切か、こちらも主観的にチェックします。

 

外部流入

  • Twitter
  • Facebook
  • YouTube
  • Instagram
  • LINE@
  • メールマガジン

Webメディアへの外部流入に有効なSNSがあるか、フォロワー数やエンゲージメントはどうなのかチェックします。

 

デザイン・エンジニアリング

  • デザイン
  • UI
  • ページスピードスコア(Page Speed Insight)
  • ページネーションの有無

デザインはざっくりと、良い、普通、悪いぐらいでチェック。ページスピードに関しては、Googleが提供するPage Speed Insightにて点数を見ます。

意外に重要なのが、記事を分割するページネーションがあるかどうか。ページネーションを入れた方が、滞在時間が伸びるのでオススメしています。

 

SEO内部施策

  • タイトル
  • 見出し
  • 内部リンクの数や位置

SEOの内部施策は記事のタイトル、見出し、内部リンクなどが重要です。SEO向けのライティングがどうかもSEO向けっぽい記事があれば、見ておきます。

 

SEO外部施策

  • 被リンク数
  • 被リンクのドメイン数

最後にSEOの外部施策として被リンク数と、被リンクのドメイン数を調べます。どちらも、Neil Patelで調査できます。

 

自社メディア・競合メディアの分析チェックリスト | まとめ

メディア分析のチェックリストは以上です。

他にもWebメディアの運営で使うチェックリストを作ってあるので、役立ちそうなものを使ってください。
» 記事のリライトで検索1位を目指す35項目のチェックリスト
» SEOライティング初心者用「SEOチェックリスト」31項目
» ライティング技術をゴリゴリ上げる28のチェックリスト

Adobe CCを
学生料金で契約できます
Premiere Rushの使い方。Premiere Proより圧倒的に簡単です

Adobe Creative Cloudにいくら払ってますか?月額5,000円以上払っているなら、購入方法を変更することで月額3,000円の学生料金にコストダウンできます。

年間だと32,000円の節約です。新しい機材やガジェットが買える金額ですね。

もちろん、合法です。ズルは一切ありません。