サイトリニューアルしました
リモートワーカーになるには?必要な3つの手順

リモートワーカーになるには?必要な3つの手順

「日本の会社員は世界で一番会社が嫌い」と言われていますが、実は会社が嫌いよりも満員電車が嫌いな人、多くないですか?

満員電車が好きな人などいないと思いますが、起床からの2時間は1日の中で最も集中できる貴重な時間です。それを通勤に使うなんてもったいなさすぎる。

日本の労働生産性が異常に低く、先進国の中で万年ビリなのはクリエイティブな時間を通勤で消耗していることも一因だと考えます。

 

前置きが長くなりましたが、満員電車を避けるためには通勤不要のリモートワーカーになるか、通勤時間が自由な会社で働くかのどちらか。

本記事ではリモートワーカーになる手順について解説します。

 

リモートワーカーとは?

リモートワーカーとはリモート(遠隔)でワークする(働く)人のことを指します。在宅ワークやテレワークもリモートワークの一種ですが、テレワークの場合は自由な場所で働くよりも、サテライトオフィスなどの通常とは異なるオフィスで働く意味合いが強いです。

テレワークという言葉時代は1980年代後半からあり、政府もリモートワークではなく、テレワークという言葉をメインに使っています。

また、リモートワーカーの雇用形態は正社員、業務委託、フリーランスなどさまざまで、遠隔で仕事をし、生活が成立していればリモートワーカーと呼ばれます。

 

リモートワーカーになる3つの手順

リモートワーカーになるためには、リモートワークによる収入で生活費を賄うことが大切です。となれば、問題はお金だけ。

  1. 生活費を下げる
  2. リモートワークで稼ぐ
  3. (収入が十分になったら)オフィスワークを辞める

という手順でリモートワーカーになれます。

 

生活費を下げる

生活費を下げる

リモートワーカーになるにせよ、旅と仕事を両立するにせよ、生活費を下げる=生活コストを上げないことが最も大切です。

月の生活費が5万円ならすぐに収入が支出を超えますが、月50万円必要だとすぐにリモートワークで稼げなくて、今の仕事に頼ってるうちに、リモートワークを目指す気概が無くなります。

 

旅行資金を貯める8つの方法【節約→稼ぐ】」の記事で、生活費を下げる方法について説明しましたが、金額が大きいものから順に取り組むのが効果的です。

  • 家賃
  • 保険
  • 通信費

この3つを見直すだけでも、40,000円〜100,000円ぐらい節約できます。日本の住宅事情は2年縛りもキツすぎるし、敷金礼金も高いので、定額住み放題のサービスに切り替えるのもありですね。

ちなみに裏技の海外移住も試してみましたが、バンコクで1ヶ月暮らして生活費は80,000円ほどでした。

 

リモートワークを見つける

リモートワークを見つける

できる限り生活費を下げたら、それを賄えるだけのリモートワークを探します。とはいえ、スキルが未熟なうちはいきなりリモートワークで高単価を目指せないので、リモートワークの副業で月5万円を目指して稼ぎましょう。

転職活動を考えているなら、正社員リモートワーカーを目指すという手もあります。

仕事は好きか得意のどちらかで選ぶのが鉄則なので、リモートワークを最優先して職種を変更することはオススメしません(やってみて、好きか得意なら変更あり)が、リモートワークが実現しやすい職種は下記の6種です。

  • ライター(難易度:低)
  • エンジニア(難易度:低)
  • 動画制作者(難易度:低)
  • ブロガー(難易度:中)
  • コンサルタント(難易度:中)
  • 経営者(難易度:高)

 

オフィスワークをやめる

オフィスワークをやめる

リモートワークの仕事が十分に育ってきたら、いよいよオフィスワークを辞めて、リモートワークに絞ります。絞りますが、リモートワークの仕事自体を複数、できれば5種類以上持っておくと精神的に案件します。

1つの仕事で50万円稼ぐのと、5つの仕事で10万円ずつ合計50万円稼ぐのは、仕事への依存度が大きく異なります。リモートワークを目指す方は、場所からの自由を得たかったはず。気を抜いてやっぱり仕事が不自由だった、とならないように。

 

リモートワーカーになるには?必要な3つの手順 | まとめ

本記事では「リモートワーカーになるには?必要な3つの手順」について説明しました。

最後までお読みいただいた方なら気づいたように、リモートワークになる方法は自営業者やフリーランスにとっては当たり前のことです。収入>支出さえ実現できれば、リモートワークも実現できる。

難しいことはありません、必要なのはお金だけ。もう少し詳しくすると、金融資産、人的資産、社会資産がバランスよく持つのが人生の攻略法です。